ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。2017年~2019年の春まで滞在。Instagram→@shima_montreal

掲示板キジジ(kijiji)で家具を処分〜結構テキトーなんだな

 

帰国の11日前、キジジという掲示板で家具を売りました。(日本で言う"ジモティー"のようなものです)

 

使ってみた感じを記します。

 

 

 

 

6時間で買い手が決まる

夫は面倒な事が苦手なので全部捨てるつもりでいたようですが、私が夜な夜な勝手に掲載しました。

 

キジジの掲載方法はこちらのブログを参考にしました。

2017年2月7日 – 旅人生活 in モントリオール

 

↑参考記事の通りに行かなかった部分はgmailアドレスが記事に記載できなかった事です。(アカウント登録はできます) 最初は電話番号共に空欄にしていましたが、電話ももう解約するので追加しました。電話の表示は下4桁が×で表示されていました。(例:123-456-××××)

 

郵便番号が記載されるので、売る人がどの辺に住んでいるのかが分かるようになっています

 

 

私が出品したものはこちらです。これとベビーチェアーを出品しました。

f:id:patamo:20190320064125j:image

買った店のサイトの商品名をタイトルにしました。説明欄には自宅まで引き取りに来るように書きました。

 

初めに試験的にクリスマスツリーを75$で出したのですが、閲覧数がたったの2だったので35$にしました。季節外れですしね。全然売れません。

 

格安の値段設定(新品の1/5〜1/10)にしたためか、ツリー以外の3つは掲載後6時間くらいで買い手が決まりました。もう少し高くしても買い手は付いたと思います。

(追記:あまりにも安いとどんどん連絡が来て対応が大変なので第2弾の出品は相場にしました。)

 

 

やりとり(キジジのメッセージ)はこんな感じです

f:id:patamo:20190320065905j:image

キジジにメッセージが来ると登録したアドレスに通知が来るのですが、2〜4時間くらいのタイムラグがありました。(キジジ自体にもこまめにログインしていたのですが反映されておらず気付きませんでした。)

 

 

定型文がいくつもあって使いやすいなと思いました。
f:id:patamo:20190320065909j:image

英語で記載していてもメッセージはフランス語で来る事が多かったのですが、ほとんどが定型文だったのでなんとか返事できました。

 

 

それでもどこかおかしい私の英語を心配した夫が、「やりたそうにしているけど混乱を招きそうだから」という事でそれ以降は夫がやりとりをしてくれました。(ちょっと酷い言い様だなと思いました)

 

夫がビジネスメール的な文章を送っていたためか、「丁寧な返事をありがとう」と言われていました。キジジのみなさんは手短かなやりとりをしているのでしょうか。

 

電話番号を載せていたので携帯のショートメールでメッセージをくれる人もいました。キジジのメッセージ機能はタイムラグがあったので、私はショートメールの方がやりやすかったです。

 

 

 

約束通りに来たのはインド系の人だけだった

ネットの噂ではドタキャンされたり長時間外で待たされたり、色々と酷い目に遭う事が多いと読んだので、どうせみんな約束は守らないだろうと思っていましたが本当でした。

 

 

ソファ:連絡が途絶える…

ソファを「午前10時頃引き取りに行くね」と言っていた人は13時頃に「今から行っていい?」とキジジに連絡をくれました。約束より3時間経っていてこの時点で遅いのですが予想内でした。キジジのタイムラグのせいでメッセージに気付いたのが15時です。(反映されていなかったようです)

 

数日経って連絡も無いので、買う気がないと見なして他に売っちゃおうと夫が言っています。連絡も放置でいいよと(汗) 確かにこちらが丁寧に対応する必要も無いですね。

【追記: 数日後にソファを30$にして再投稿したところ、2時間くらいで買い手が決まり、その日の17時に取りに来てくれました。この方は約束を守ってくれました。ソファを分解して車に載せて帰って行きました。最初に買うと言っていた人は放置状態です。】

 

 

 

ブックスタンド:お互いテキトーに終えた

ブックスタンドの取引相手は丁寧なメッセージを送ってくれる方でした。「日中に行きます」と言っていたのですが来ず、夜に連絡が来て忙しかったということでした。(この方は「明日か明後日が良い」と言っていたので、もしかしたら翌日になるかもと構えられたので良いのですが) 

 

引き取り日は外出したかったので「品を玄関に置いておくので受け取ってください」と伝えると、慣れた様子で「お金はポストに入れます」と返ってきました。「どこに置いた?外扉の中?外?」「入れたよありがとう!」などとメッセージをくれました。お金は裸で入っていて、見つけた夫は回収してくれませんでした(なぜ)

 

 

ベビーチェア:マメなインド人

インド系の方は買いたい理由だとか、状況とか、「○時になりそうです」「ちょっと遅れるかもしれません」「出発したら連絡します」「1時間以内に行けます」などかなりこまめに連絡をくれていて、ほぼ時間通りに来てくれました。夫よりこまめな連絡で感心しました。

 

インド人に会うと、「日本人だよね?大阪に半年いて、妻は6年いたんだよ」なんて言っていました。

 

(やりとりで私の名前を見て日本人だと察したから、日本的にこまめに連絡をくれたのかもしれませんがどうなのでしょう。本当に真面目なのかもしれませんけれど。連絡の仕方が日本のやり取りを彷彿とさせました。)

 

そんな感じで「インド人って真面目だね」「インド人は真面目だよ」と夫と話しました。(少ない参考人数ですが)

 

取引後、奥さんからかなり丁寧で感じの良い日本語のメッセージを貰って、汚れ&壊れていても良いからベビーカーが欲しいとの事だったので譲ることにしました。(チェアを取引した時に旦那さんに捨てる事を話したのが伝わったようです)

 

 

 

おまけ:「○○$!ありがとう!」いきなり値下げしてきた

洗濯機を200$(相場より少し安いくらい)でだしたのですが、他の人は挨拶をしたり、「商品はまだありますか?」とか「○時に行けます」だとか送ってくれるのに、「125$! merci!」とだけ送ってきました。その値段なら買うという事だと思いますが、前フリも何もなくいきなり値下げ交渉が来たのは初めてでした。家賃でも何でも値下げ交渉をする文化らしいです。

(この方はショートメールでも値下げしたら買う旨のメッセージをくれたのですが、謎の文章だったので取引をするのはやめておこう、という意見でまとまりました。言っている事は分かるのですが、この先もこの調子で来られるとフランス語が出来ない我々では対応出来ないなと思ったので)

 

 

 

 

今回は掲示板キジジを利用しましたが、他にもクレイグスリストとやらや、日本人用の掲示板(e-mapleやfrom- montreal)などを使っても良いと思います。

 

(2方面から聞いた噂ではキジジの方が高くすぐに売れるという事でした。確かにすぐに売れました。)

 

 

炊飯器・キーボード・扇風機・テレビなどは夫の友達にあげました。優先順位としては、まず友達にあげて、残ったものをキジジで売った感じです。

 

捨てたものは壊れたタンスやテーブル、壊れたすのこ、マットレス、汚れた絨毯など、Freeで置いておいても持っていかれないような物です。

 

 

 

不用品を外に出しておいたら道行く人が持って行ってくれる

いらないけれどまだまだ使える物を外に出してFreeと看板を付けておいたところ、「これいる人いるんだ!?」みたいな物ももらわれて行きました。(例えば針金のようなものとか)

 

試供で終わったコスメ(セール品で返品不可でした)や、新品のスプレー缶、ほぼ新品の人気店のボディクリーム、お弁当箱、ベビー用品などFreeにしたアイテムは多岐に渡ります。

 

家の片付けをしていて何か不用品が出てくるたびに外のFree箱に追加して行きましたが貰われ行きは上々で助かりました。

 

本当はガレッジセール(自宅の玄関先やるフリマ)をやりたかったのですが、寒いのでやめておきました。

 

最後に良い経験が出来ました。

 

お別れ会をしてもらった

 

夫の同僚にお別れ会をしてもらいました。

 

 

いつも通りみんなで食べ物を持ち寄って分けて食べました。家の主は牛肉をオーブンで焼いてくれて美味しかったし、SAQで買ったらしい梅酒を開けてくれたし、中心となる人がそんな感じで少し豪華に用意してくれて有り難かったです。

(我が家はスモークドミートとお菓子を持っていきました)

 

 

会では、相変わらず人が喋る声は聞こえないし(これは日本にいた時からそうでしたが…耳が悪いのですかね)、この2年というか、この10年くらいは全く会話が上達しなかったなぁと思いました。(英語スキルもそうですが、例え日本語だったとしてもうまく会話できない気がするので)

 

 

なので、「カナダで良かったことは?」と聞かれたのですがうまく答えられませんでした。(いっぱいあり過ぎて逆に思い付かないというか)

 

 

漠然と「人が優しい」「食べ物が美味しかった」「建築物が綺麗だった」だとかしか答えられず…もっと具体的にアピールしたかったのですがね。

 

 

あと「日本に帰れて嬉しい?」と何回か聞かれました。非常に難しい質問でした。

 

f:id:patamo:20190324203413j:image

(↑なぜ撮ったのか分からない他人の家)

 

 

毎回引っ越しブルーになって、今回もやっぱり引っ越したくなくて、でも荷造りをしているうちに(物を整理していたからか忙しくしていたからか)、"モントリオールに未練はないな" なんて思えてきた矢先だったのですが、

 

 

会の別れ際にお調子者キャラの人にいつもはしないハグをしてもらい、"この(お調子者キャラの)人がこんな(真面目な)事をするなんて、本当にこれでみんなとお別れなんだなぁ" と寂しく感じました。

 

 

現代の有難い所はネットのおかげですぐに誰かと連絡がつくという所ですかね。連絡はそうしないと思いますが、いつでも連絡できると思うと昔よりは寂しくないのかもしれません。

 

 

こんな感じでモントリオール生活が終わりに向かっています。まだまだやる事はあるので残りの1週間楽しみたいと思います。

 

 

ちなみに、「え!もう3/23なの!あっという間だなあ。こうやって人生終わっていくんだろうな」と言うと「そだよ〜」と返すあっさりした夫です。

 

 

ついでに夫に「モントリオールにいたい?」と聞くと「別に」との事でやっぱりあっさりしている夫でした。でも夫もモントリオールは気に入っていて、いつも褒めて(?)ます。

(今帰国してこれからも日本で仕事をするのが夫の道としては理想なのでその返事になったのだと思います。不可能ではないですが、今の夫の英語力で今後海外に行くとキャリア的にもリスクがあるようなので)

 

 

物にも場所にも人にも執着しない夫を見習いたいです。

(私も人に執着はしないのですがね。友達と遊びたいなとか人並みに思います。夫は全くそういったことは無いようで、そこまでだと逆に羨ましいです)

 

 

-------

長女が熱を出しました。また家族が順番に風邪を引きそうな予感ですが無事に帰れるのでしょうか。病気だろうと何だろうと出国しなきゃならないのですけれどね。帰国しても健康保険がすぐに使えないので不安です。

 

モントリオールで人気のベジタリアン料理店:Lola Rosa

 

モントリオールにはベジタリアン料理店ビーガン料理店が沢山あるのですが、その中でも(夫とその同僚達が)気に入っているベジタリアン料理店に行ってきました。

 

 

これまで夫に何度も「行こうよ」と言われていたのですが、「外食は高いんだよなぁ」の一言で行かなかったのです。(でもモントリオール基準で言うと高くはありませんでした。普通の店です。)

 

 

行った感想は、

「肉が入っていないのに美味しい!ついでに店もオシャレ!」

という感じでした。

 

 

他にもベジタリアン/ビーガン料理を食べた事があるのですが、ここは特に美味しい印象が残りました。

 

 

ケサディーヤ(13$くらい)、アボカド入りを選びました。

f:id:patamo:20190323214958j:image

生地がカリカリして香ばしくて美味しいです。何の風味だか分かりませんが何かのダシのような味がしました。肉入りじゃないのに肉入りを食べた満足感がありました。

 

ケサディーヤに乗っている白いソース酸っぱくないヨーグルトのようなもの/クリームチーズのソースのようなもので大好きなのですが、名前が分かりません。本当に美味しいです。

 

量が多くてライスは食べられませんでした。(もともと米は子供にあげるつもりで注文したので予想通りです) ライスもこれ系のライスの中では美味しかったです。

 

 

こちらはタコスです。これも13$くらいだと思います。チップスは4$です。
f:id:patamo:20190323214953j:image

アボカドソースがおいしそうです。

 

 

テーブルは引き出しが付いていて、開けるとアンティークな誰かの手紙が出てきます。

ディズニーランドのアトラクション待ちの展示の小道具ありそうな感じでした。(写真撮れば良かったです 泣)
f:id:patamo:20190323215002j:image

夫が大好きな店なのでまた行くかもしれないし行かないかもしれないです。

 

 

店内はいつも混雑しています。
f:id:patamo:20190323220656j:image

お金持ちだったら毎週来たいくらい好みの店でした。

 

 

夫の職場に近いので、よくランチや夜の食事で利用していたようです。

 

 

値段も普通(予算1人20$)だし、日本になかなか無いし、訳の分からない店に行くよりここに来れば良かったです。

 

 

モントリオールに何店舗かあります。是非試してください。

 

 

Lola Rosa(ローラローザ:ベジタリアン料理店)

 

Lola Rosa Place-des-Arts(ダウンタウン)
276 Rue Sainte-Catherine O, Montréal, QC H2X 2A1
Google マップ

 

Lola Rosa William(旧市街近く)
727 Rue William, Montréal, QC H3C 1P1
Google マップ

 

Lola Rosa Café(プラトー・マギル大学近く)
545 Rue Milton, Montréal, QC H2X 1W5
Google マップ

 

Lola Rosa Parc(マイルエンドの方)
4581 Av du Parc, Montréal, QC H2V 4E4
Google マップ

 

大きなチョコレートのカテゴリーは

 

イースターの時期が近づいてきました。お店にはイースター関連商品が並んでいます。

 

 

ドラッグストアには実寸大のうさぎチョコが売っていました。

 

f:id:patamo:20190320110752j:image

 

大きい方のお値段はなんと40$(4000円)です。

 

重量は1.6kg

 

 

小さい方は800g、25$(2500円)だそうです。

f:id:patamo:20190320110318j:image

 

 

 

この写真を見た妹が、

 

「非常食インテリアじゃん」

 

と言い出して、まさにそれだと思いました。

 

 

私だったら4〜5年飾っていると思いますので、カテゴリーはインテリアです。(ちょっと違いますかね)

 

 

他には靴型もありました。
f:id:patamo:20190320110336j:image

 

 

これはチョコレートに色付けが出来る商品のようです。
f:id:patamo:20190320110350j:image

楽しそうですね。やりたいです。

 

 

季節系のお菓子を棚に爆積み爆並べするスタイルが好きです。
f:id:patamo:20190320110331j:image

 

 

拡大↓↓↓

f:id:patamo:20190320114906j:image

目に色が付けられていて怖いです。

 

 

 

綺麗な並べ方です。ゴディバやリンツの品も並んでいました。
f:id:patamo:20190320110314j:image

 

 

昨年もこんな感じだったので、毎年このくらい売れるんだなぁと思いながら見ていました。
f:id:patamo:20190320110343j:image

安すぎるチョコレートは砂糖とココアと食物油を混ぜたニセチョコレート(表示をよく見るとチョコとは書いていない)で、食べると気持ち悪くなります。ある程度美味しいチョコは高いのでなかなか買えません。

 

 

何か欲しい気もしますが、持って帰れないし溶けそうなのでやめておきます。

 

 

カナダ最古の美術館でモントリオールの絵を楽しむ

 

 

モントリオールの絵画あり

なかなか日本では見ることのできない現地にまつわる作品が置かれているのも魅力のうちですね。

 

カナダ先住民の文化作品とは別に、モントリオールならではという感じのコーナーもありました。

 

f:id:patamo:20190318174947j:image

左上はモンロワイヤル山から見た風景だそうで、ノートル・ダム大聖堂も描かれています。

 

あとはケベックの絵画で雪景色や自然の風景が描かれたりしていて引き込まれました。

 

 

 

見せ方も素敵でした

ナポレオンギャラリーや、ピカソ、クラシック音楽時代の絵など、王道のコーナーも面白かったです。

f:id:patamo:20190318191259j:image

作品自体も面白いのですが、見せ方も綺麗だなと思った点がいくつかありました。

 

 

背景(窓の外の風景)も含めた展示の仕方はいいなと思いました。

f:id:patamo:20190318191349j:image

 

 

あとは絵を飾る壁に凹凸で模様に見える壁紙を使い、その一部に照明を当ててメリハリ(模様)を出していたり、透ける鏡を彫刻の後ろに配置して光を楽しんだり、この空間デザインをよく考えたなぁという部分が多々ありました。説明が難しいですね。写真を撮れば良かったです。撮っても分かりにくいのですが。

 

(それに関連して、トイレの存在感が無くて良かったです。

f:id:patamo:20190318173656j:image

ちなみにメインのエントランスの階のトイレは流しがダイソンで使い易かったです。)

 

 

家具デザインのコーナーも面白かったです。

f:id:patamo:20190318190931j:image

写真右下:大きなキャビネットがありました。こんなに大きくてお城で使うのかな?、という感じの大きさでした。取っ手も人の顔で開ける人の気持ちを想像しました。

 

細かい装飾が施されたカップです。

f:id:patamo:20190318191647j:image

家で見返したらウェッジウッドでした。ずっと見ていたい細かさでした。

 

 

ぬいぐるみを集めて壁に貼ってありました。

f:id:patamo:20190318221514j:image

一つ一つ見ると可愛いです。

 

 

ぶら下がる巨大な何かです。
f:id:patamo:20190318221519j:image

 

 

体験スペースもあります。
f:id:patamo:20190318221525j:image

人形に布やモールを巻きつけて楽しんでいました。

 

 

 

特別展はファッション服の展示

この展示は子供が怖がったので素通りでした。

ド派手できらびやかな衣装やよく分からないファッションが多数あり賑わっていました。ココシャネルの服もあったみたいです。

 

イメージ図↓

f:id:patamo:20190318180103j:image

 

 

 

お昼はフレンチ

この美術館の周りは美味しい店が沢山あるので一度外に出て昼食をとるのも良いのですが、美術館にもレストランとカフェがあったので、今回はレストランで簡単なコースを頼みました。

 

私はサーモンのタルタルです。タルタルは肉や魚の身を細かく潰したり切ったりして野菜や調味料が混ぜてあるものです。

日本だとこのタルタルはあまり見かけないし、あってもあまり頼まないのでこれにしました。(余談ですが、アトウォーター市場のタルタルが絶品との噂です)

f:id:patamo:20190318181328j:image

よく見るタルタルはみじん切りの野菜などが沢山入っているのですが、今回のタルタルはサーモンメインな感じです。砕いた鮭の刺身にゴマやハーブなどの調味料を和えた風味でした。

 

 

夫はダックのナントカです。

f:id:patamo:20190318181647j:image

アプリコットソースか何かがジャムのように甘酸っぱく梅のようでした(アプリコットですしね)。肉は柔らかかったみたいで2歳の次女が喜んで食べていました。

 

29$で前菜(サラダorスープ)とメインとパンが付いていて、5$でデザートが食べられました。

 

5$のスムージーも美味しかったです。ストローが半分に切られていて底に届かなくて飲むのに苦戦しました 笑。子供が危なくないように切ってくれたと受け止めています。

 

サービスは普通です。本当に普通のレストランです。でも海外っぽい味が楽しめました。久しぶりにテイクアウトでないレストランで食べられて良い経験でした。

 

 

この美術館ではなくマギル大学の前にあるマッコード美術館のフレンチコースを夫がいつも職場の上司やみんなとランチで食べていて、そちらも同じような感じらしいです。いつも美味しかったと言っているので美味しいと思います。

 

 

 

お土産コーナーにSTMグッズあり

モントリオールの電車やバスのSTMのグッズが沢山ありました。

f:id:patamo:20190318220841j:image

 

日本でよく見かける美術館にちなんだ冊子や本は売っておらず残念でした。でも美術系の本は沢山ありましたし、キッズコーナーも可愛いものが多かったです。

f:id:patamo:20190318220940j:image

 

 

本コーナーにこの猫の絵画の本が欲しかったのですがやめました。

f:id:patamo:20190318185152j:image

 

 

(あとはシール型資料集もほしくて悩みました。絵画がシールになっていてページに貼っていく形式です。ページは少ないですが中身は資料集に似ています。本屋のIndigoで見つけました。

f:id:patamo:20190318185521j:image

(Usborneのシールブックは可愛くてオススメです。家のシールブックでは家具を配置したりしてお人形遊び的な感じで楽しめそうです。余談でした。)

Sticker books from Usborne Publishing

 

 

美術館は9割見るのに4時間くらいかかりました。それも素通りも多く、雰囲気だけ味わった感じです。一点一点眺めていたら1日では足りないです。

 

 

モントリオール美術館

WEBサイト: https://www.mbam.qc.ca/
1380 Rue Sherbrooke Ouest, Montréal, QC H3G 1J5
Google マップ

カナダ最古の美術館だそうです。ナポレオンコレクションも有名だそうですね。確かに印象的で面白かったです。

ウィキペディア

 

外観もカッコいいですよ。

f:id:patamo:20190318222945j:image

地下でつながっていて移動できます。メインの入り口は写真のハートの建物です。

 

スマホアプリのマーケットをカナダにしていた時に美術館のアプリがあったのですが、日本のマーケットにはありませんでした。カナダの方はダウンロードをどうぞ。

 

 

入り口でコートを預けたのですが、私のコートがはぐれてしまったらしく紛失箱に分けられていて、見知らぬスカーフが付いてきました。もちろん違うと言いました 笑。

 

 

 

このサイトがすごい!ナショナル・ギャラリー・オブ・カナダ

先に紹介した美術館のケベック出身の絵画コーナーの風景画が気に入って、家で調べていたらこんなサイトを見つけました。

https://www.gallery.ca/

こんなに沢山の作品が無料で見られてしまうなんて信じられない、という感じです。

 

検索ワードに"montreal"や"quebec"と入れたりして見ています。

f:id:patamo:20190318221045j:image

モントリオールの絵です。この絵もあったようななかったような。こんな雰囲気の絵が沢山ありました。

 

日本の新聞を切り貼りした絵かアートも載っていました。

 

是非見てみてください。

 

 

 

---------

正午からダウンタウンで行われるセントパトリックデーパレードを見るつもりだったのですが、夫が興味無く、子供達も多分見ないのではないかという事で美術館に1日いました。

 

 

昨年のパレードの模様はこちら

クリックで動画です。

https://www.instagram.com/p/BgiLPlRlUd0/

セントパトリックデーのパレードはしご車カッコいい#montreal #saintpatricksday

 

 

 

緑の物を身につける人やお店の装飾がクローバーの緑で溢れ、アイリッシュパブは盛り上がっていました。

f:id:patamo:20190318223523j:image

 

 

 

【ショック】どこかでニセ札もらっちゃったみたい

 

ドラッグストアで5$札をレジで出したら「ニセ札だ」みたいな事を言われました。

 

 

 

 

 

f:id:patamo:20190315062100j:image

 

 

光にかざして念入りに見るマダム

 

レジで5$札を出すと店員のマダムが光にかざして10秒ぐらい観察していました。"偽物だと思われてるのかなぁ"、なんてボンヤリ思っていると、

 

 

冷たい口調で

「コレはニセ札だから使えない」

のような事を言われました。

 

 

あと"モントリオール"という単語も聞こえました。(長文だったので全ては把握できませんでした)

 

まさか偽物だとは思っていなかったのでビックリしました。

「リ、リアリー?」としか言えず…。

 

 

マダムは「銀行に行って」みたいな事も言っていました。

 

 

 

わざとニセ札使おうとしたなって思われたかな

いや確実に思われたと思います。

 

11$の支払いに最初は5$札+5$札+1$コインで出して、ニセ札が発覚したので10$札+1$コインで支払いました。

 

  • 初めの5$札が偽札だった
  • 10$札を持ってるのに初めに出さなかった

 

この点からして店員さん的には「この外人、わざとニセ5$出したな」と思ったと思います。

 

 

(私としては目に入った5$札を消費するつもりで出したのです。10$札は財布の中を見直した時に出てきたので出しました。)

 

 

「財布の中は綺麗に!」という言葉が浮かびました。レシートやらでごちゃごちゃしていていくら入っているか完全に把握できていません。

 

 

店員さんも勿論そうだと思いますが、私も気分が悪すぎます。ニセ札製造者は滅びましょうって思いました。本当に最悪でショックです。5$で済んで良かったですが。

 

 

 

どこの店で貰ったのか分からない

ニセ札を受け取ってしまった心当たりのある店は、

  • ドラッグストアその1
  • ドラッグストアその2
  • スーパー
  • 手芸店
  • カフェその1
  • カフェその2
  • カフェその3
  • 飲食店

です。期間でいうと3週間。直近だと上の5つです。つまりどこで貰ったか分かりません。店員さんも気付かずに渡してしまったのだと思います。

 

 

 

 

全く違いが分からない

家に帰ってから、マダムと同じように光にかざしたりして他の5$札と比べてみたのですが、違いが全く分かりませんでした。間違い探しは得意な方です。

 

ネットで調べた特徴で当てはまりそうなのは「使い古されたような感じ」という点です。本物は擦りきれないとか?

細かい装飾・透かしもあります。本当にどこが違うのか分からないのですが、マダムが言うのだからニセ札という事で間違いないでしょう。

 

残り2週間気を付けたいとは思いますが、これから先受け取ってしまっても分からないと思います。気をつけようがないというか。日本円なら分かるのですがね。(日本円でもお釣りが偽物かどうかなんていちいち見ないですが)

 

 

クレカのみで支払いを済まそうかなぁという気持ちです。クレカが非対応のお気に入りのお店もあるのでどうしましょうという気持ちです。

 

 

そしてこのニセ札、銀行でニセ札か確認してもらって、ニセ札なら警察に報告するのが最善のようです。面倒なので捨ててしまいたい気持ちです。

 

 

【追記】

夫に問題のお札を見てもらったのですが、「ここのホログラムが見えにくいけどきちんとあるし、実際はこれは本物で、店員さんが間違えただけじゃない?」との意見でした。

本物かもしれないので銀行で見てもらおうと思います。

 

 

カナダ撤退やる事リスト

 

 

 

 

f:id:patamo:20190314235540j:image

 

 

解約

スマホ回線(fido)

解約1ヶ月前までならWebで解約可能でした。

1ヶ月以内だと本人が電話で解約するという事で夫が先にしてみたそうです。

聞かれた事は、「氏名・生年月日・郵便番号だか住所だか・今日から回線を止めるのか・いつからか・解約ではなく休止にするのはどうか・電話番号を引き継ぐ人はいるか」こんな所だったそうです。そんな感じで出国の日の翌日に回線が止まるように解約できたそうです。今日から止めるかと聞かれたという事は当日電話しても大丈夫そうな雰囲気ですね。

ついでに私の分も解約できるか聞いてくれたらしいのですが、「今隣にいない(電話を代われない)なら無理」との事でした。

 

店でも解約できると思います。

 

fidoを電話で解約する方法

【追記:夫が作ってくれたメモです。ここまでしてくれたのは初めてで感激しました。

 

番号が読み上げられる -> 確認 -> 人につながる。 -> I'd like to cancel my line.


名前聞かれる。
First name -> (名)
Last name -> (姓)


誕生日聞かれる->1989 ○○(月) ○○th


理由聞かれる。-> Because I'm going to leave Canada.


誰か番号を引き継げる人がいるか聞かれる。-> No.


カナダに戻ってくる予定はあるか、番号は取っておくか聞かれる。-> No.


いつ解約するか聞かれる。-> March ○○th.

-------】
 

 

 

電気(Hydro-Quebec)

夫が日本滞在時にネットで解約しました。

引っ越し手続きのページで、転居先の住所は書かなかったそうです。

 

 

 

 

ケベック州医療証返還(必要なし)

医療費が無料になる保険証のようなものです。有効期限が切れると使えなくなります。(有効期限の設定はビザの期限と同じでした。ビザの期限前に帰国します)

サイトを確認しましたが返還については書いていませんでした。何も手続きはせずそのまま持っていていいはず、とカナダ人に聞きました。

(余談ですが、日本では国民健康保険証は返還するきまりでしたので真面目に郵送して返還したのですが、返す人は少ないみたいで「あ、返してくれますか」みたいな電話対応をされました)

 

 

口座

窓口にて海外送金しました。パスポートが必要でした。貯蓄講座にするか?とか色々と勧誘があるのですがもう戻ってこないので全て断りました。

1度送金した事があるのですが、うまく送れなかったという連絡があり、担当たらい回しをされたそうですが無事に送れました。レートは確か1$→82円で手数料は忘れました。92円の時に半分くらい送っておけば良かったです。

送金したものを日本で受け取るのも面倒な手続きがあったようです。

 

 

OPUS(交通系回数券型ICカード)のクレカ情報解除

まだやっていないのですが、ネットでやる予定です。レンタル自転車BIXIを利用するのにカードとクレカの紐付けが必要でネットで紐付けしていました。(結局BIXIは1度も利用せずでした 悲) クレカに紐付けしていても自動チャージはされません。そのままでも大丈夫そうですが一応解除したいです。

 

 

その他会員登録してあるもの

日本でネットでできそうです

  • ドラッグストアのポイントカード→かなりポイントが溜まりました。作って良かったです。
  • 図書館の会員カード

 

 

f:id:patamo:20190315000549j:image

(これから0度を超える日が続きそうです。雪解けの水たまりと転倒に注意です。)

 

 

 

時系列

渡航1ヶ月前

  • 日本の家の契約(内覧から契約まで2週間かかった)
  • 帰国便のチケット購入(3月末の直行便 4人で56万円 ,泣)

 

渡航27日前

  • Hydro-Quebec解約→ ネットで
  • 引っ越し3日前分のホテル予約

 

渡航20日前

  • Fidoスマホ解約→ 電話した(夫のみ)
  • Wifi解約→ 電話した
  • アパート → メールで連絡中。大家さんが1週間モントリオールに来るとの事で日程調整。(契約時・引っ越し3ヶ月前に時期は伝え済み)

 

渡航15日前

  • 荷造り開始→スーツケース2個と段ボール5箱と預けリュック(ほぼ本とおもちゃと服)

 

渡航10日前〜5日前(予定)

  • 大家さんと面談(破損がないかとかの確認?いつも大家さんが家を修繕するそうです。ペンキ塗りとか掃除とか)
  • OPUS登録情報変更

 

渡航3〜5日前(予定)

  • 資源ごみ・粗大ゴミを出す
  • 燃えるゴミを出す

   ・確実に捨てる物はベッドとマットレスと壊れたタンスです。それ以外は譲るか置いていくかです。

   ・ベビーカー2台も壊れているのでここで捨てる予定です。

 

渡航3日前(予定)

  • ホテルに徒歩で移動→段ボールなどはベビーカーで何往復かして頑張って運ぶ?

 

渡航当日(予定)

  • ホテルから空港までタクシー2台で移動?

  ・呼び方とか分からないですがホテルの受付の人に頼んだら呼んでくれるでしょうか。Teoタクシーのアプリは入れてあるのですが使った事はありません。荷物が載らなくて往復する事になっても間に合う時間に出たいと思います。

 

 

帰国後(予定)

  • 在留届変更

 

 

渡航当日のタクシー移動が不安です。無事に荷物を運べるでしょうか。夫の職場の日本人家族もスーツケースを上限まで増やして自費帰国しましたので私たちも頑張ります。