ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと2年間過ごす日記

カナダのモントリオールに0歳・2歳・夫と家族4人で住む事になりました。2019年の春までお付き合いください。日本にいる家族を心配させない為のブログ(ひきこもり主婦のカナダ日記)

【お楽しみ袋】1$ショップでキャラグッズ【その他アナ雪グッズ】

カナダの1$ショップのダララマでお楽しみ袋が売っていました。

 

フランス語で書かれているのでモントリオールのおみやげにも良いですね。

 

 

 

 

お楽しみ袋

キャラクター各種

女の子向け…アナと雪の女王、ディズニープリンセス。

男の子向け…ヒーロー系(スパイダーマンか何か)、カーズ。

 

価格

3カナダドルです。

 

対象年齢

3歳以上

 

大きさ

A4より少し大きいくらいでしょうか

f:id:patamo:20170920044625j:image

 

裏側 

f:id:patamo:20170920044646j:image

 

 

中身

f:id:patamo:20170920044708j:image

シール1シート、ペン6色、冊子、パズル(塗り絵になる)…が入っていました。

 

冊子

全20ページ(25.4cm×18cm。10枚両面印刷)

内容:塗り絵が7ページ。他のページはめいろ、数、足し算引き算、間違い探しなどです。

 

 

塗り絵とパズル(裏面)

f:id:patamo:20170920044846j:image

 

パズルのピースの大きさ

5cm×5cm

口に入れたとしても飲み込めないくらいの大きさです。16ピースあります。両面に絵が描いてあります。

 

 

他のキャラクターもこの様な感じだと思われます。

 

 

使い道

娘がもう少し大きくなったら飛行機に乗る時に使いたいと思います。

 

 

 

その他のグッズ

アナ雪しか買っていませんが、他のキャラクターも売っていました。

 

 

貼って剥がせるシールブック

f:id:patamo:20170920045354j:image

価格

 2ドル

 

大きさ

28cm×21.5cm

 

ページ数

12ページ(表記は16ページ)

 

シール枚数

 2ページ分(65枚くらい:雪の結晶など含む)

○ページにはこのシール、のようにガイドがあります。

 

ツルツルしたページにシールを貼ったり剥がしたりして遊ぶようです。物語の背景が描かれています。

 

 

その他のキャラクター

アリエル、シンデレラは確認しました。他のキャラも欲しくなりました。

 

 

アナ雪シール6シート

f:id:patamo:20170920045536j:image

 

価格

1.5ドル

 

対象年齢

3歳以上

 

箱の裏面(シールの柄)

f:id:patamo:20170920045620j:image

 

その他のキャラクター

ディズニープリンセスは確認しました。

 

上のシールブックだけでは物足りなさそうなので買い足しました。

 

 

その他

筆記用具(缶ペンケース付き)、ヘアゴムセット、パーティグッズ(紙皿や紙袋など)、人形チョコレート、クレヨン、絵が動くシール、ボール、絵本、シャンプー、首用クッション、おもちゃのマイク、言葉探し、謎のカードなどがありました。

 

 

 

関連

 

 

点字ブロック発見/ 店にゾンビがいた/

 

 

 

ドラッグストアを歩いていら突然こんな人形が現れました。

 

f:id:patamo:20170919043851j:image

 

この人形怖くないですか

 

ハロウィンのお菓子コーナーです。

 

びっくりしました。

 

 

こちらはスーパーのカボチャの山です。

f:id:patamo:20170919102404j:image 

 

ハロウィンは目印(カボチャのランプを点けておくとかなんとか)を玄関にしておくと子供がお菓子を貰いに来てくれるそうです。

 

本当に来てくれるのか、お菓子を貰ってくれるのか。

 

 

ハロウィンはまだまだ先なのですが今から楽しみです。

 

 

来年までにフランス語を覚えてお菓子を貰いに行く側に挑戦してみたいです。

 

 

 -----

 

先日山を下っていたら、

こんな実が高い場所から落ちてきました。

 

f:id:patamo:20170919050034j:image

 

結構大きいです。杏くらいあったと思います。大きくドスンと鳴りました。危険です。

 

上を見ると、リスの仕業のようでした。

 

娘に当たらなくて良かったです。

 

 

 

 

-----

 

街を歩くと立派な建物がありました。

 

f:id:patamo:20170919050244j:image

 

グーグルマップによると病院のようです。

 

装飾が無駄にあって(無駄じゃないのか)カッコイイです。

 

 

病院といい学校といい、この街はやけに統一感があります。

 

 

-----

 

病院だったものらしき建物の近くで

点字ブロックを見つけました。

 

f:id:patamo:20170919050602j:image

 

前に通った時には気付きませんでした。

 

f:id:patamo:20170919050750j:image

 

街に溶け込んでいます。

 

----

 

・今日は家に熱が篭ってしまって限界が来て夕方外に出ました。

 

・まだセミは鳴いています。

 

・日曜日は28度にもなるようです。 

 

 

TwitterやらInstagramやらに書けばいい内容でした。

 

 

 

子供にニーハオって言われた

 

自分が中国人として見られる覚悟はかなり出来ていたのですが、

 

とうとうその日がやって来ました

 

 

f:id:patamo:20170918132050j:image

 

 

 

公園のベンチに次女と座っていたら、活発な小学生くらいの女の子が

 

「ヤッホー!」と声をかけてくれました。

 

 

(私もすかさず「ヤッホー!」と返しました。)

 

 

その後フランス語か何かで話しかけてくれました。

 

(ベビーって言っていたから英語なのか、それかフランス語で赤ちゃん(べべ)の部分をベビーと言ったのか、そもそも違う言語なのか分かりませんが、兎に角話しかけてくれました。)

 

 

「ごめんフランス語出来ない」と英語で言うと、

 

 

満面の笑みで再び

「ヤッホー!」と返してくれました。

 

 

塾講時代に戻った気分ですごく楽しかったです。

 

 

その後、女の子は遊具で遊びながらも赤ちゃん(次女)を見てくれていました。

 

 

すると、兄らしき男の子と何か話していて二人がこちらを見ながら

 

「ニーハォ」「ニーハオッ」

 

と言っていました。

 

 

多分、というか100%私と次女に向けて言ってくれましたよね。

 

 

私はただニコニコする事しか出来ませんでした。

 

 

兄妹はすぐ遊びに夢中になりましたし、「中国人じゃないよ」、と訂正する程近くにいた訳でもありませんし、カナダ人からしたら中国も日本も同じだろうし、そもそも日本なんて知らないと思うしで、

 

"もう自分、中国人でいいや"

と思ってしまいました。

 

 

 

アジア人が中国人である可能性は高い訳ですから、私に対して「ニーハオ」と言うのは理解できます。むしろ中国人だと思わない方が驚きです。

 

分かっていた事ですが、現実を突き付けられて少しショックでした。

 

この影響力、やはり中国は凄いです。

 

 

その後、女の子がこちらに来て私が座るベンチの隣に座ってくれたのですが、話すこともなくすぐに遊びに戻っていきました。

 

 

私はこの時も笑顔でいる事しか出来ませんでした。

 

 

・ニーハオに対して「こんにちは」って返せば良かったわ

・隣に座ってくれた時に「ヤッホー」でも何でも言えば良かったわ

・折角話しかけてくれたのに全然意味が分からなかったわ

 

と帰ってきた今でも引きずっています。

 

 

これ多分、日本(日本語)でも上手く返せなかっただろうなと思います。

 

 

暫くモヤモヤと反省をしたいと思います。

 

 

ちなみに「私は日本人です」は「我是日本人」です。

 

中学の中国語講座で一番初めに習った中国語で、私が唯一中国語で話せる文章です。中国人に対して使った試しがありません。

 

 

当時の中学の先生は

「これからは中国語の時代だ。世界の5人に1人は中国人なんだから」

 

と言ってホームステイ希望者の事前講座として中国語講座を開講していました。

 

(その2年くらい前に911があり、北米は危険だからとホームステイ先がカナダから中国に変更になるという事でした。先生が一番だと信じていたので「これからは中国語の時代だ」の言葉を真に受けてしまいましたが、今思えば英語圏へのホームステイを楽しみにしていた生徒の納得を得るための発言だったのかなと思います)

 

 

結局ホームステイ先は中国ではなくカナダのままでした。

 

 

(ちなみに私は部活が忙しかったのでホームステイは確実に行けませんでしたが、講座は取り敢えず受けました)

 

 

多民族多人種の街に来て思う事、それはやはり使用頻度が高いのは英語だなと言う事です。

 

(アジア系のカナダ人もいますが、私は挙動不審で明らかに外国人なので、半分くらいの人は英語で話しかけてくれます。)

 

中国人とだって英語で話します。

 

ですが、今回は中国人だと思われて中国語を投げかけられた訳です。

 

中国語の時代だなんて嘘(と言っては過激かもしれませんがほぼ使わない)と思っていましたが、

 

中国語の時代だ=我々日本人が中国人だと思われる、という意味なのなら、先生の言っていた事は真っ赤な嘘でもなかったという事でしょうか。

 

と色々と思い出して懐かしくなってきた次第です。

 

(話逸れちゃった)

 

 

 

モントリオールで飼い主を待つ犬

 

店先に繋がれた犬(買い物をする飼い主を待つ犬)特集です。

 

犬を独りで待たせると誘拐されてしまいますし、モントリオールのスーパーで留守番中の犬が通行人を噛もうとしていたのを見た事があるのでこの行為は推奨しません。

 

ですが、可愛いので撮りました。

 

 カフェの前でお留守番

f:id:patamo:20170830112010j:image

 

 

 お店の前でお留守番

f:id:patamo:20170830112144j:image

隣の店の行列客に遊んでもらっていました。

 

 

 スタバの前の犬

f:id:patamo:20170830112549j:image

リードをかけるところが犬の形で可愛いです。

 

 

迷い犬

f:id:patamo:20170911003112j:image

暫くしてから飼い主らしき家族とリードを繋がれたこの犬が歩いているのを見て安心しました。

 

この犬も迷い犬かと思いきや、わざと放しているようでした。玄関先におばさんがいて、犬を呼んだりしていました。

f:id:patamo:20170912120342j:image

 愛想の良い犬でした。

 

 

おまけ:窓辺の猫

f:id:patamo:20170908085658j:image

 

最近はよく猫も見かけます。外に出さない人も沢山居ますが、外に出す人もいるようです。

 

 

【お出かけ】赤ちゃん1人in京都 &赤ちゃんと幼児inモントリオール

 

0歳7ヶ月と2歳半の学年年子を育てています。夫がいない場合の私のお出かけの方法を記録しておきます。

 

 

7ヶ月の赤ちゃん in京都(観光1週間)

f:id:patamo:20170917053458j:image

長女が7ヶ月の赤ちゃんの時に、夫の都合で京都に1週間滞在しました。

(2015年の12月中旬の紅葉真っ盛り〜紅葉終わり頃)

 

滞在先

・京都御苑近くの台所付きホテル5日間。大浴場無し。

(静養する人や外国人が多めのホテルだそうで、夜中に楽しげな楽器演奏や外国人の歌声が他の部屋から聞こえてきました)

赤ちゃんはあまり独りで移動できませんでしたが、ベッドだったので念の為に壁にくっ付けて、布団でガードを作って目を離さないようにしていました。

食事は付けず、朝は質素に、昼夜は外食やスーパーで買ったものを食べました。

 

・最後の1泊は平安神宮の方の旅館(ホテル?)大浴場あり。

敷布団だったので安心でした。

 

部屋の空きが無かったのでホテルを移動しました。

防水シートを持って行って布団に敷いた方がいいと思います。

 

 

滞在3日目には疲れてしまって、朝の散歩を京都御苑でして京都駅まで出るもお昼にはホテルに戻りました。他の日はまあまあ観光できたと思います。

 

 

抱っこ紐でバスを利用

抱っこ紐+コート+冬用ショール(赤ちゃんをくるむ)で出掛けました。

日中は暑くてコートが要らない日もありました。

 

8割はバスで、あとは電車で移動しました。
バスはとても混んでいましたが、混んでいる場合は乗りませんでした。滞在2日で混み合う大体の場所や時間が分かったのでそれを避けていました。

 

持ち物

折りたたみ傘(スコールのあった日もありました。)、ミルク(水筒にお湯,哺乳瓶,固形ミルク)、おむつ、お尻拭き、タオル、貴重品(お金、スマホ)、デジカメ、デジタル一眼レフカメラ、スマホ用広角レンズ、おもちゃ

 

部屋に置いておいたもの

ベビーカー、乳頭保護器、離乳食。

ベビーカーはほぼ使わぬ結果となりました。

 

赤ちゃんをおんぶして飲食店へ

基本的に抱っこ紐でおんぶをした状態で寝ている時に食べました。

 

・ちょっと良い店で食べたら間が悪く赤ちゃんが起きて機嫌が悪くなり、急いで食べて帰りました。他のお客さんと交流がありました。

・その他気軽に入れそうな店で何店か。赤ちゃんが寝ている隙に入りました。他の赤ちゃん連れの方と交流がありました。

 

授乳場所

授乳室のある場所を中心にして行動しました。

少し遠出しても授乳の時間には京都駅かホテルに戻ってきました。

・京都駅の地下のショッピング街のインフォメーションカウンターの授乳室

・京都駅のデパートの子供服売り場の授乳室

・滞在先ホテル

他にもあったのかもしれませんが知りません。

 

 

 

 

 

7ヶ月と2歳半 inモントリオール(居住)

5月〜9月現在まで

f:id:patamo:20170917053648j:image

 

ベビーカーと抱っこ紐で徒歩移動

0歳をベビーカーに寝せて、2歳をおんぶして歩く事が多いです。

エレベーターも無いし道が悪いのでベビーカーは使いにくいのですが、仕方がないです。

 

持ち物

オムツ、お尻拭き、水とコップ、2歳用にパンなどのオヤツ、(5ヶ月くらいまではミルクセット)

 

出かける先と頻度

夫がいるときは電車で少し遠くにも行きますが、親が1人の時は歩いて行ける場所(ダウンタウンかどこかの公園)に行きます。

 

疲れるので最高4時間くらいで帰ってきてしまいます。授乳もありますし。離乳食を食べさせて授乳してから出かけると出掛けている時は寝ていてくれます。

 

梅雨だったのと暑かったのとで1週間に1回出る程度でした。涼しくなったら紅葉でも見に行きたいです。

 

 

飲食店は経験無し

夫がいない時は行った事がありません。せいぜいパンを買って公園で食べる程度です。

 

授乳場所は家

家で授乳します。

モントリオールで授乳室を見た事が無いのですがどこかにあるのでしょうか。見つけたら書きます。

 

公園で授乳している人もいる

木蔭に座って授乳している人もいますし、上の子を追いかけながら授乳している強者もいました。皆さん気にしないみたいです。

 

成田空港のフードコートで堂々とボロンと出してあげている外国の方がいてそれはびっくりしたのですが、カナダに来たらそういう方も意外といました。

 

大きな声では言えませんが、自分も外で授乳はやった事があります。

抱っこ紐で抱っこして、赤ちゃんの頭もカバーしてコートやショールを上手くつけると防寒しているようにしか見えませんで、それで授乳をしました。人気も無い場所なのでまあいいやと思ってしまいました。

 

 

 

番外編:日本

(車があった時)

長女が0歳〜1歳で実家に滞在した時には実家の車が借りられたので、実家専用のベビーシートを付けてよく出かけていました。

行き先はやはり授乳室があるショッピングモールでした。

 

(車が無い時)

我が家は車が無かったので徒歩とバスと電車が移動手段でした。バスも電車も頻繁に来る所なので何とかなりました。混まない時間を狙ってベビーカーを畳んで利用しました。そこら中に授乳室が有ったので気にせず出かけられました。

 

 

 

ナショナル・ジオグラフィックが面白い

 

ナショナル・ジオグラフィック(自然科学系の雑誌)のサイトの写真を見るのが好きで、今もたまに見ています。

 

日本語しか理解できないので日本版の感想しか言えないのですが、写真の解説が解り易く勉強になりますし、他人の意見を読むのが好きな私からすると"編集者からのコメント"も面白いです。

 

記事を読むのは無料でも充分楽しめます。スマホ版でしたら、下の方に "フォトギャラリーを見る" という項目があればそれを押すと他の写真と簡単な解説が出てきます。

 

 

ナショジオ日本版

 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/

スマホ版

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/smart/

 

こちらはあまり見ていませんが動画を配信しているようです。

 http://natgeotv.jp/tv/

 

 

 

その他の国

モントリオールに来てから通販やニュースサイトなど、他の国のサイトにも目を向けるようになりました。

 

カナダ

http://natgeotv.com/ca

 

アメリカ

http://www.nationalgeographic.com/

 

フランス

http://www.nationalgeographic.fr/

 

オーストラリア

http://www.nationalgeographic.com.au/

 

 

他の国もあるよ

英語とフランス語の勉強をしようという事でいくつかのサイトを載せましたが、他にも沢山の国のサイトがあります。

スマホ版だと右上のUSAという矢印を押すと国を選択出来ますので、興味のある方は見てみてください。

http://www.nationalgeographic.com/

 

他の言語が分かれば各国の編集者のコメントが理解できて、"ならではの視点" を見つけられると思うのですがそれは遠い話です。

 

 

その他 

衝撃を受けたミイラの記事

昔の記事なので今更かと思う方もいると思います。


【ミイラが写っているため閲覧注意
インドネシア 亡き家族と暮らす人々 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


「インドネシア 亡き家族と暮らす人々」です。

死は必ずしも別れではない

写真にも驚きましたが、こんな文化もあるのかと衝撃でした。語彙が少なく意見をまとめるのが苦手で長くなるので感想は割愛します。これは特に他人の感想が聞きたい記事です。

 

前に夫に話を振ったら「えー」で終わりでした…!確かに宇宙からしたらどうでもいい…!

 

 

カナダでもナショジオ雑誌

カナダのドラッグストアの雑誌コーナーでナショジオカナダの雑誌をよく目にします。私のイメージからすると意外と安く、(と言っても買うか悩む値段)内容も良さそうではありますが買うに至っておりません。強く惹かれるものがあれば買ってみたいと思います。

 

 

 

 

教会の壁の彫刻

 

教会の壁の彫刻が細かくて凄いのです。

 

このシーサーのようなガーゴイルのようなものは魔除けでしょうか?少し検索してみましたがよく分からず…

f:id:patamo:20170916132054j:image

 

(ガーゴイルは雨どいの役目があるのですよね、これは雨どいでは無いようですが同じような物でしょうか)

 

 

 

魔除けのようなものはこんな場所(窓や壁)にいるのですが

f:id:patamo:20170916132120j:image

 

 

ひとつひとつ顔が違うのです。

(窓の形も違います)

 

 

顔が違うのはまだ分かりますが、窓の形が違うのは何か意味が有るのでしょうか。(あったら夢があります)

 

f:id:patamo:20170916133059j:image

 

 

f:id:patamo:20170916132310j:image

 

f:id:patamo:20170916132323j:image

 

 

 こんな所にも

f:id:patamo:20170916132344j:image

 

結局ガーゴイルっていう事でいいのでしょうか

 

 

街中の建物に彫刻が施されている事がよくあります。今度写真を撮ってみます。