ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダのモントリオールに住む28歳の日記。0歳・2歳・夫の家族4人。2017年~2019年の春まで

【悲】なんなのカナダポスト〜ちゃんと届けて欲しいな

 

 

配送を担当してくれるカナダの郵便局「カナダポスト」の話です。

 

 

注文した物が1月9日に届くとメールが来ていたので1日中ずっと気を張らせて待っていたのですが16時半頃にカナダポストから

 

 

16:15に荷物を届けに行ったけど不在だった。不在票をポストに入れた

 

 

とメールが来ました。

 

 

いや不在じゃないし。家にいましたよ

 

 

と思いつつポストを確認しましたが

やっぱり不在票なんて入っていません。

 

 

ちょうどその時にAmazonから

「明日荷物を発送します」

とメールが来たので、よく分かんないけど次の日に来るかな〜と思って次の日も待ちました。

 

 

次の日も来なかったです。

(今思えば当たり前なのですが)

 

 

 

何なんですかー、と思いながら

 

 

そのまた次の日(11日)の朝にポストを見ると不在票が入っていました。

 

f:id:patamo:20180113035658j:image

 

注目すべきは日付「1月9日」です。

 

 

いや1月9日も1月10日もポストはでしたよ!何回も見ましたし。

 

 

何でおとといの不在票が入っているんですかねえ。

 

 

 

私からしたら1月9日に来たなんて嘘っぱちです。

 

その上1kmくらい離れた保管所に「荷物(米6.8kg)を取りに来い」なんてどうかしています。

 

 

実はこんな事はこの半年で何回かありまして、これ以外にも荷物を玄関前に放置したりと色々やらかしてくれたのです。

 

 

 不信感MAXですね。

 

 

一瞬腹立たしく思ったのですが

 

 

「配達のおじさん(かは分からない)が病気か何かでベルを押す力が弱くてベルが鳴らなかった」のかもしれない

 

 

「配達のおじさん(かは分からない)が一生懸命やったけど間違えて全然違う家に届けてしまい、不在票を入れてしまった。人違いをされた家主が2日後にうちのポストに不在票を入れてくれた」のかもしれない

 

 

と思うと怒ることも出来ず…

(街で変なおっちゃんを見ても「これは〇〇のお父さんかもしれない」と思うと嫌な気持ちが和らぐアレ)

 

 

前から怒るタイミングを逃すタイプで事が流れるのですが、今回もそんな感じです。

 

 

夫もそんなタイプなので荷物を引き取る時に一言言う事は無さそうです。

(受付の人に言ってもどうせ伝わらないですしね)

 

 

2日間の緊張感を無駄にした気分ですが、荷物を取ってきてくれるのは夫なのでいいですかね(放心)

 

 

ちなみにAmazonで6.8kgの米を3袋、ピアノ楽譜(夫が初めた)2冊、イヤホン部品を注文したら何故か米が1袋だけ先に届きました。まとめて配送にしたのですがね。リスク分散ですね。

 

 

残りの注文品はダンボールの底部分が雨で半壊状態で届きました

 

 

書籍は保護されていないので雨に濡れなくて良かったです。底にあったら雨でぐちゃぐちゃだったと思います。

f:id:patamo:20180113043028j:image

過剰包装もどうかと思いますがね。書籍くらいはビニール袋に入れて欲しいです。

 

 

 

↓悲しみの白玉団子。例に漏れず失敗。

f:id:patamo:20180113042633j:image

(タレが劇マズです。茹でたてに何もかけずに食べるのが1番美味しいです。)

 

 

10℃で雨が降っています。ベランダに積もった雪が溶けて欲しいです。