ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。2017年~2019年の春まで滞在。Instagram→@shima_montreal

【超テキトーなカナダ】ネット開通まで1ヶ月

自宅でインターネットを使えるようになるまで1ヶ月もかかりました…。


流れですが、私達の場合はまずインターネットを使えるようにしてくれる会社を選びまして、その会社に申し込みをしました。するとネットを使うための機械が送られて来て、自宅に工事の人が来て作業をしてくれてネットが使えるようになるという流れです。


初めに申し込んだのが5月の初めで、1〜2週間くらいで使えるようになるとの見込みでしたが連絡がなかなか来ず、そのまま夫の一時帰国の日を迎えました。


"日本に5日間帰るから工事日程の連絡はメールでください"と連絡を入れたのにも関わらず、カナダに戻ったタイミングでなんと「工事日程の電話をしましたが連絡が取れなかったので注文自体をキャンセルしました。もう一度申し込んでください。」とメールが来ました。
え!テキトー過ぎじゃね 笑
めちゃめちゃ待たせていた上に、しかもこちらはちゃんと連絡していたのに注文自体を無かったことにされちゃうというちょっとビックリな対応ですがめげずに再申し込みをしました。


そこからまた暫く待ち、やっと連絡が来て工事の日程が決まりましたが…今度はネットを使うための機械が届かないのです。
(郵便局に荷物が届いて自分で取りに行く仕組みです)


機械は既に郵便局に届いているようなのですが、どこの郵便局に届いているのかの連絡が来ないので取りに行けないという問題が発生しました。
機械が手元に届かないまま工事の日を迎えました。


工事の日は委託のおじさんが来て既にあったケーブルが使えるかや家の中の接続状況を確認してくれました。
(「水をくれ」って言われたのですが、お茶を出すのを忘れていました。普通出しますよね。気を付けようと思います。)
おじさんによると機械が届いたら使えるとの事で1時間くらいで「あー疲れた」って言って帰りました。


その後は郵便局に機械がどこに届いているのかを問い合わせて取りに行きました。
(ついでに住所は合っているけれど他人宛の手紙が家に届いたので郵便局に届けました。返送してくれるそうです。)


機械をいろいろ設定し、めでたく自宅でネットが使えるようになったと言うわけです。


うちのプランは使い放題で最高速度で月に4500円くらいのようです。

ちなみに工事のおじさんはフランス語話者でしたが丁寧な英語で対応してくれました。「日本人か?」って聞かれたのですが何で分かったんですかね。おじさんはネットの会社の人では無いみたいなので情報が引き継がれていたとも思えないのですが…。おじさんは子供に沢山話しかけてくれましたが子供は怯えてました。