ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。always時差ボケ。2017年~2019年の春まで滞在。お問い合わせはコメント欄かInstagramメッセージにて

でんぱじゅしんした: 誰かの独り言を勝手に解釈【現代版ボトルメール:ひとりぼっち惑星】

 

「現代版のボトルメールが受け取れる」

 

そんなアプリ "ひとりぼっち惑星" にてリアルな声が届きました。

 

iPhone版

https://itunes.apple.com/us/app/id1121283620?mt=8?app=itunes

ひとりぼっち惑星

ひとりぼっち惑星

  • Shogo Senouchi
  • Games
  • Free

 

android版

 

 

メッセージの中には手が込んでいるものもあり、私が読むだけでは勿体無いので沢山来た中から印象に残ったものをご紹介します。

 

ただの感想を載せます。みなさんの感想も聞きたいのでお時間がある方はお付き合いください。

 

目次

 

※タイトルを勝手につけさせてもらいました

 

このアプリは操作説明が無い事により惑星に一人ぼっちになってしまって試行錯誤する心境を疑似体験させてくれます。

 

※操作はすごく簡単です。詳しい操作方法や物語感はおググりください。

 

前に流行ったらしいので沢山出てきます。ツイッターでも #ひとりぼっち惑星 で是非検索を。

 

 

私はいつも「惑星に自分しかいないところ誰かから電波を受信した」、という気持ちで読んでいます。

 

 

 

「りそうの おかあさん」

まだ世界観が分かっていなかった初期に受信したメッセージだったので色々と衝撃を受けました。理想のお母さんとは?

※傷つく方もいると思うので一部加工しています。

 f:id:patamo:20180129154601j:image

ふんふん、いるんですね、こういうキラキラ系ママ。

f:id:patamo:20180129154618j:image

そのキラキラ系ママってってあなたの事かい 笑。ていうかお家大丈夫ですか?

f:id:patamo:20180129154633j:image

えっ。そんな…(衝撃)

本音きましたね〜。

f:id:patamo:20180129154648j:image

いいですね〜 黒いですね〜。

 

要約

  • 誰から見ても理想的な母親である自分。
  • 嫌いな人の家が全壊して「ざまあ」と思った。
  • 私はお母さんという生き物になりきれていなかった。良かった。

感想

 まず、展開が素晴らしいです。読みやすい。

そしてこれ程共感できない物は今の所これだけです。

最初は創作かなと思ったのですが、具体的な出来事名が出てきて うわあホンモノだあ と思っちゃいました。

理想の母親の定義がこの方と私では違うという事は置いておいて、(この方の自己評価も価値観が違い過ぎて衝撃なのですが、)嫌いな人の家が壊れてザマァみろと思う程恨んでいるなんて、学生時代に何をされたのか気になっちゃいます。

 

…というのが初めて読んで抱いた感想でしたが今後読み直した時に感想が変わるかもしれません。

 

 

 

 

つづいてはこちら

「常連さんのヒミツ」

お客さんの秘密を知ってしまった店員の叫びです。

f:id:patamo:20180129165121j:image

バイトの常連さんネタですか。これは面白そうです。

f:id:patamo:20180129165139j:image

勘違い・距離無し系おっさんが常連さんですか、悩ましいですね。

f:id:patamo:20180129165153j:image

ええー!おじさん!!!

これはおじさん的にはバレたくない部分でしょう。

見てはいけないものを見てしまいましたね。

f:id:patamo:20180129165206j:image

店長に相談、是非そうしてください。

 

要約

  • バイト先の常連のおじさんが距離無しで困る
  • 従業員の写真を勝手にネットにあげていた
  • おじさんはネカマでチヤホヤ

 感想

連絡先を聞いてきてメッセージを何度も送ってくる・頭を触ってくる・ネットに店員の写真を沢山載せている、これだけやっていれば危険人物だと思われても仕方がないですよおじさん。

 

上記に加えて"ネカマになり皆んなからチヤホヤされて喜んでいる"、というのを見てしまっては、店員に対して距離無しなのも何か裏がありそうでドン引きするのも自然な反応でしょう。

 

ネカマなのが一番の衝撃だったようですが、それだけだったらドン引きまではされなかった事と思います。

 

 

「人は不思議」

自己啓発系のメッセージです。

f:id:patamo:20180130024718p:image

こういうのもよく届きます。

みんないろんな事思ってるんだなー。

 

 

 

「やっぱりそれかよ」

殺伐とした雰囲気の中でこんなメッセージを受信しました。

f:id:patamo:20180129233931j:image

うん

f:id:patamo:20180129233946j:image 

絶対くると思ってた

f:id:patamo:20180129234132p:image

感想

やっぱりそれかよ!かっこよくねーよ!ばーかばーか(褒め言葉)

 

こんなくだらないメッセージが流れてきてホッとしたのも事実です。思い悩む人がいる一方で能天気なメッセージを送る余裕がある方もいる、少し救われた気分になりました。

 

 

みんなの系から能天気系までのいろんなメッセージを読みたくて私は受信ばっかりしていますが、自分の言葉を送信する事もできますよ。

 

誰にいつ届くか分かりませんがね。興味がある方は誰にも言えない事・誰かに聞いてほしい事を送ってみてください。

 

 

超大作きた

こちらも初期に受信したものなのですが、アプリの世界観に合わせたメッセージが届きました。

 

まずですね、これ、文字を入力するのが結構大変なのですよ。カーソルとか無いですし。コピペも出来ません。

 

なのでこれだけ書くのはかなり大変だったと思います。その涙ぐましい努力の成果をどうかご覧ください。

 

f:id:patamo:20180130011211j:image

「知り合いに気付かれませんように」という場面、誰でも経験がありますよね。

f:id:patamo:20180130011233j:image

 あ、創作なのですね。20歳のままの容姿の自分と年老いた後輩の再会場面ですね。楽しみです。

f:id:patamo:20180130011253j:image

 美容整形で40代が20代に見える時代が来るといいのですが。

f:id:patamo:20180130011309j:image

愛する人との別れがあったのですね。ここから愛する人と何があったか語られます。

f:id:patamo:20180130011329j:image

 人体実験に協力してしまった、と。

あとスタップ細胞、久しぶりに聞きました 笑

 f:id:patamo:20180130011403j:image

 愛しい人だけが年老いていくのについていけなかったそうです。

f:id:patamo:20180130011425j:image

 別れる時はきっちり半分貰ったんですね 笑。

f:id:patamo:20180130011453j:image

回想シーンはここまでです。 

f:id:patamo:20180130011518j:image

社交辞令で「ご飯行きましょう」はあるあるですね。 

f:id:patamo:20180130011542j:image

老いないと死なないのかな?

f:id:patamo:20180130011603j:image

タイトル回収!

 

要約

  • 永遠の若さを得た自分
  • 愛する人のためだったが大切なものを失った
  • 自分だけ取り残される恐怖

 

感想

「もし自分だけ老いることが無かったら」。若くありたいと思う人は多いと思いますが、ほんとにそうなったらどうする?と問う作品です。自分だけ若いのは嫌だなあと思いました。みんなと一緒がいいです。

 

あとこれ、ボトルメールにするにはもったいない作品です。ご自身のブログとかにちゃんと掲載してるのでしょうか。そしてこれだけ打ち込んだことに敬意を表します。本当に大変なんです。

 

 

世界観に合わせたメッセージは他にもいくつか届きました。この方が一番長かったので載せましたが他の作品もいつかみなさんと共有したいです。

 

 

 「にーとがきらい!!!」

f:id:patamo:20180130024916p:image

ハイ、すみませんw

f:id:patamo:20180130024942p:image

正社員をやった事がない自分には耳の痛いメッセージでした。

 

こういった誰かに対しての愚痴系も届きます。

 

最近は

「あ☆どぅ(仮)のせいで大迷惑!あ☆どぅ(仮)のくそやろう!!じごくへおちろ!!!」

 

みたいなのが届きました。

 

あ☆どぅ(仮)さん、何やらかしたんですか。

私があ☆どぅ(仮)という名前だったらヘコみます。

 

 

今さっき闇深いの受信しました。

 

それではまた報告します。

 

ひまじん より