ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。always時差ボケ。2017年~2019年の春まで

【バンクーバー2日目】赤ちゃんと乗り継ぎ旅行2泊3日【ハイライト】

 

2日目は丸々1日使ってスタンレーパークという公園を散策しました。

 

(スマホに入っている写真だけで千枚以上あるので選出が大変です。よく撮れた写真がハイライトに使えるとも限らないという難しさがあります。)

 

1日目はこちら

【バンクーバー1日目】赤ちゃんと乗り継ぎ旅行2泊3日【ハイライト】 - モントリオールで赤ちゃんと2年間過ごす日記

 

 

 

朝食

朝9時、のんびりの朝です。

昨夜ホールフーズで購入したものを食べます。飲み物はホテルに備わっていたコーヒーと紅茶を淹れました。

f:id:patamo:20171124050323j:image

焼いたパンにチキン缶(テリヤキとチリマヨ)を塗ったものと、チョコケーキ?ブラウニー?と、梨です。

物価は税金込みで考えてモントリオールと同じくらいでした。(税金はバンクーバーの方が3%安いです)

 

これはパンに挟むのにちょうど良かったので今後はモントリオールでも朝食やお弁当にしようという話になったのですが、モントリオールではこの缶詰を見かけません。

 

 

住宅街を通過

10時ですが少し霧がかかっていて朝の雰囲気でした。

f:id:patamo:20171124050907j:image

大きな落ち葉を踏みしめてゆっくり歩きます。

小鳥のさえずりが聞こえてくると夫が足を止めてカメラを構えます。(鳥好きになってしまったらしいです)

 

黒いリスが沢山いました 

f:id:patamo:20171124053551j:image

リスが木の実を食べていました。長女もどんぐりを拾いながら歩きます。

 

 

イングリッシュベイ沿いを歩く

 住宅街を抜けると海が見えてきました。

f:id:patamo:20171124050946j:image

↑謎のオブジェ。指輪?

 

浜はこんな感じの石でゴツゴツしています。

f:id:patamo:20171124052744j:image

 

芝生にはガチョウが沢山います。

f:id:patamo:20171124143706j:image

うっかり芝生を歩いてしまうとこいつらのフンを踏んでしまいます。

 

 特徴的な石

f:id:patamo:20171124143413j:image

この石を真似たものが浜の岩で沢山作られていました。

 

 

ガチョウの道路横断を見守る

f:id:patamo:20171124053321j:image

車が来てものんびり横断していました。車はちゃんと止まっていました。

 

 

 

スタンレーパーク

 入り江

周辺の紅葉を楽しむ

この辺りは森で、日が当たらず寒かったです。近くに幼稚園があったり、散歩する人がいたりしました。

f:id:patamo:20171124053359j:image

 

真っ赤な紅葉

f:id:patamo:20171124053703j:image

 

この近くにフォトスポットがあり人が何組かいました。

とある親子連れが入り江をバックに写真を撮ってくれました。なかなか4人で撮らないので有り難かったです。

 

 

船×ダウンタウン×紅葉

f:id:patamo:20171124054001j:image

こんな光景を見ながら港沿いを歩きました。

 

 

 こちらもダウンタウンです

f:id:patamo:20171124054232j:image

 

のんびりと歩くだけで楽しかったです。お昼前ですが既に満足しています。

 

ここから森を抜けて水族館へ向かいます。

 

 

バンクーバー水族館

水族館に入ると記念撮影をされそうになりましたが長女が寝ていたので断りました。背景を合成するやつです。写真はいくらなのでしょうね。

 

昼食

とてつもなく硬いベーコンととても硬いパン

f:id:patamo:20171124054349j:image

お腹が空いたので昼食をとりました。屋外エリアのカフェは閉まっていたので戻って入り口のカフェで食べました。

 

 

 昼食をカモメに狙われる

f:id:patamo:20171124054739j:image

すぐそばまでカモメが来ます。パンやポテトを取られる人もいました。

 

日差しが暑かったです。焼けました。

 

 

大水槽

f:id:patamo:20171124054838j:image

大水槽に限らず、餌やりのパフォーマンスや解説などを各場所でやっていました。日本と同じですね。

 

 

日本と違う点はここです

網がない造りです

f:id:patamo:20171124153824j:image

バイオドームのような造りの場所がありました。オウムやカメが放し飼いされていました。

こんな感じですバイオドームで出会った生き物(その1・熱帯雨林) - モントリオールで赤ちゃんと2年間過ごす日記

 

 

 

生後2週間の赤ちゃんザルに釘付け

大人のサルでも掌サイズの小さなサルです。赤ちゃんザルなんて小さ過ぎて肉眼で見るのは大変でした。

f:id:patamo:20171124054510j:image

ボランティアの方が赤ちゃんザルの事を積極的に教えてくれました。サルはみんなして飛び回るのでよく見失っていましたが周りの人がどこにいるか教えてくれました。

 

水族館は客も日本人が多かったですが、従業員の方にも日本人がいました。(知らずに英語で会話しました)

 

 

 森を抜ける

f:id:patamo:20171124055135j:image

トトロが出てきそうな森を歩きます

 

 

ラグビー場?でトイレに行く

f:id:patamo:20171124140251j:image

無人でしたがガチョウが沢山いました。

 

 湾の風景を楽しむ

f:id:patamo:20171124140417j:image

 波は穏やかだし、木は紅葉していて綺麗でした。

 

f:id:patamo:20171124140508j:image

 

トーテムポール

お土産やさん

f:id:patamo:20171124140553j:image

トイレもありました。

 

 トーテムポール

f:id:patamo:20171124140758j:image

動物が彫ってありました。

解説もありましたが1枚で飽きて読んでいません。

 

夫は鳥を撮るのに夢中です。

 

ここで長女が大きな落ち葉を手に持っていたら、西部劇に出てきそうな帽子を被ったおじさんが微笑んだり話しかけたりしてくれました。

 

 

 

 ダウンタウンのビル群を見ながら帰る

f:id:patamo:20171124141343j:image

 

野生のアザラシがいた

f:id:patamo:20171124141540j:image

船の人が何かしているなと思ったら、アザラシがいました。

 

拡大

 f:id:patamo:20171124141640j:image

2頭くらいいたように見えました。

 

 

街中に戻る

16時頃です。真っ赤な落ち葉が印象的でした。

f:id:patamo:20171124141814j:image

 

 スーパーに向かいます。

f:id:patamo:20171124141926j:image

 

昨夜のホールフーズを夫に見せます。

f:id:patamo:20171124142215j:image

海鮮が多いね、と感想をもらいました。

 

街中のパン屋さん

f:id:patamo:20171124142245j:image

明日の朝食のパンを買いました。試食のラズベリーパンが美味しかったです。

 

スーパー

f:id:patamo:20171124142331j:image

カスミみたいだねと話しました。(カスミ=茨城に沢山あるみんなが大好きなスーパー)

 

 散々迷ってこれだけ購入

f:id:patamo:20171124142459j:image

コーラと洋梨とメープル味のマーズです。

メープルのマーズがお土産にしたいくらい美味しかったです。2$しないくらいだったと思うし、買っていけばよかったです。

 

 高かった夕食

検索で出てきたホテル近くのカナダ料理の店forageで食べる事にしました。

(こことカニやロブスターが食べられる店で迷いました)

f:id:patamo:20171124142538j:image

 

マグロといくらのなんとか(3000円くらい…)

f:id:patamo:20171124142622j:image

 高い…高いのでパンとかついているかと思いきや単品でした。でも美味しかったです。

 

夫は鶏肉の何とかを食べました。そちらも3000円くらいでした。

 

高い店なのにほぼ満席でした。みなさんお酒を楽しんでいました。

 

子供用の椅子やお絵かきセットもあり、店員さんもかなり積極的に話しかけてくれて親切でした。

 

 

ホテルに戻ります

気を付けていたのですが0歳がシーツを2枚汚してしまったので、朝出かける前に日本人の受付の方に詫びました。

 

シーツは換えてくれるとの事でしたが(早く洗わないといけないですし)、1枚しか変わっていませんでした。

 

 

詫びのチップはしっかりと無くなっていました。

 

換えない事は全然気にしないのですが(家では少しくらいでは換えませんし…引かれますね)チップはきちんと無くなっていたのが面白かったです。

 

(チェックアウトの時に「シーツは変わっていましたか?」と聞かれたのですが反射的に「はい」と答えてしまいました。)

 

ちなみに、ホテルにチップを置くのは日本人だけだと夫の同僚の皆さん(日本人でない方々)は言うそうです。特に、今回泊まったような形式のホテルはチップはいらないそうです。どうなのですかね?

 

 

明日は14時発の飛行機で日本に帰ります。疲れたのでさっさと寝ました。

 

 

(3日目につづく)