ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダのモントリオールに0歳・2歳・夫と家族4人で住む事になりました。2019年の春までお付き合いください。日本にいる家族を心配させない為のブログ(ひきこもり主婦のカナダ日記)

赤ちゃんと飛行機

ルート

成田(日本)→ トロント(カナダ)→モントリオール(カナダ)

経由する国が少ない方が良いかと思いこのルートにしました。

アメリカ経由という手もありますが入国審査の数が少ない方が良いという考えからカナダに直行しました。(アメリカを経由するにはESTAというネットで出来る手続きが必要です)

カナダに入国するにはeTAという同じ様な手続きが必要です。家族4人分となるとまあまあ面倒です。

 

チケットの予約と座席予約

エク○ペディアを使ってネットで仮予約みたいなものをして、(バシネット席で家族で隣同士の席希望だったので)電話で仮の予約番号を伝えて本予約しました。エアカナダのチャイルドシートについての質問をしたら、エアカナダに問い合わせてくれて疑問を解決してくれました!凄い親切!チャイルドシートは2歳以上は必須ではないそうです。

3ヶ月児は親が抱っこ(バシネットも利用)、2歳児と大人2人の席を隣にしてほしい旨を伝えました。

しかしこの時点で席は隣同士で取れない模様。航空会社がロックしているとのこと。当日早くチェックインすれば隣にしてくれると思う、と説明されました。結局はネットで予約しても同じでした。
→当日出航2時間前にチェックインするとエアカナダが家族で座れるように席を何も言わなくてもいじっておいてくれました。

 

赤ちゃん連れで成田空港へ

3ヶ月の子と2歳ちょうどの子を連れて夫と4人で移動となります。出発時間の3時間前に空港に着きました。17:30成田発で金曜日だったのもあり出国ゲートは混雑していて、飛行機もほぼ座席が埋まっていました。

 

優先してもらった

成田でのチェックインと日本の出国審査は子連れ専用の列に誘導され、ほとんど待たなくて済みました。(普通の列に15分くらい並んでいたら声をかけてもらったので、はじめから優先レーンに行ってれば待たずに済みました)。

トロントでは優先などはありませんでした。

 

審査関係

成田

荷物預け→保安検査(荷物と身体に危険物を持っていないかチェック)→出国審査(パスポートと搭乗券をチェック)→搭乗前に旅券をチェック。

保安検査では抱っこしていた赤ちゃんを下ろして1人ずつ機械を通りました。

トロント

入国審査(ビザやパスポートを見せ、入国目的を英語で答えます)→ビザ取得(夫だけビザがあったので家族の分をこの時に取りました)→荷物受け取り→保安検査・税関検査(機内で専用の紙が配られるので記入しておきます)・荷物預け→搭乗口でパスポートと搭乗券をチェック。

ここでの保安検査は赤ちゃんを抱っこしたままでOKでした。成田で脱がなくて良かった薄手の上着は脱ぐように言われました。

乗り継ぎ時間は2.5時間でしたがビザの手続きをしていたためギリギリになりました。運良く乗れました。

モントリオール

荷物受け取り

 

機内持ち込みで使ったもの・使わなかったもの

使ったもの

お菓子1つ、ミルク、アンパンマンのフィギュア、オムツ、おしりふき、ビニール袋、おしゃぶり

使わなかったもの

飲み物、大量のおもちゃ類(シールブックとか)、大量のお菓子、大量のオムツ、漏らした時用の着替え、鼻水吸引器

 

飛行機に乗るまで使ったもの

抱っこ紐ベビーカー

ベビーカーは受付でモントリオールまで使ったり預けたり出来る専用のタグを付けてもらいました。

ベビーカーの動き

チェックイン時にタグを付けてもらう→出国審査を通す(無事通過)成田発の搭乗口で預けトロント着の機内から出たら受け取り入国審査を通す(ひっかかった)トロント発の搭乗口で預けモントリオール着の機内から出たら受け取り

 

離着陸時の子供の様子

小さい子が飛行機に乗ると耳抜き出来ずに耳が痛くなる、という事前情報が有りましたが、結論から言うと0歳児は起きてて何も飲んだりしゃぶったりしなくても平気な様子で、2歳児は眠っていて平気でした。(大人の方が飛行機頭痛になり目眩を起こしました)

 

ちなみに、離着陸時は抱っこでもいいかと聞いたところ(数日前まで1歳だったし)、泣こうが喚こうが2歳以上の子は着席しないとダメだとCAさんに機内で言われました。

 

バシネットよりも後ろの窓際席が良かった

後ろならばすぐに席を立って後ろであやせるし、窓際なら授乳も可能?かなと思いました。バシネットの場所は座席の下に荷物を置けなくて不便だし、バシネットの所が通路になって忙しいです。赤ちゃんを入れている間はネットで蓋をする決まりです。座ってだと様子が見えないです。

f:id:patamo:20170525062539j:image

 

感想

大変だった事

2歳児が眠くなるとぐずって泣くのですが、シートベルトサインがあると抱っこも出来ずに上手くあやせず、眠るまで大変でした。起きたら起きたで歩き回り、これまたシートベルトサインが出て着席した時に大騒ぎでした。

0歳児はバシネットを使いましたが1時間くらいしかそこで眠らず、あとは私に抱かれていました。便秘症なこともあり、ウンチが出ずに大分泣いていました。

 

周りの人が助けてくれた

目眩で座ったままあやしていたら、白人のおじさんが立って抱っこしてあやしてくれました。他にも、白人の女性が「ミルクいる?」って差し出してくれたりして、本当に助かりました。申し訳ないです。

 

エアカナダ良かった

空いた席を使わせてくれた日本発のエアカナダ 全日空共同運行便、良かったですー。本当に対応が良かったです!!日本人スタッフさんも、白人のスタッフさんも本当に良くしてくれました。乗ってるお客さんも良い人たちでした。ご飯も美味しかったです。申し訳なくて胃が痛くて食べられなかったけど。また機会があれば記事にします。

 

その他

機内は慌ただしくてコンタクトレンズすら外せませんでした。目が乾いて大変でした。

 

飛行機の窓って昼夜を演出するのに色が変わるんですね?すごく感動しました。今度検索してみよう…

 

写真はロシアあたりだと思います↓

f:id:patamo:20170524062259p:image

 綺麗

 

トロントからモントリオールへ

飛行時間約30分でモントリオールへ。エアカナダ利用です。小型機なので狭い座席が両側3列あり、中央に狭い通路がある造りです。

 

トロントの税関チェック前の荷物運び(10$。1000円くらいのサービス)を頼んだら、チップを40$(4000円くらい)もとられました 笑

 「普通はもっと出すよ」とか荷物運びのおっさん盛りすぎですね 笑。

 もう荷物運びは頼まないです 笑

 

荷物の量

f:id:patamo:20170601230311j:image

スーツケース2個と登山リュックを預けました。それぞれ23kg以下におさまってます。この他には小さいショルダーバッグも持って行きました。

機内持ち込みは荷物収納部分に入れる物の他に小さめのカバンも持ち込めるようです。

ベビーカーと抱っこ紐は手荷物にカウントされませんでした。