ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと2年間過ごす日記

カナダのモントリオールに0歳・2歳・夫と家族4人で住む事になりました。2019年の春までお付き合いください。日本にいる家族を心配させない為のブログ(ひきこもり主婦のカナダ日記)

【疾患】6ヶ月の赤ちゃんの耳瘻孔【耳に穴】

 

突然ですが0歳の次女の耳、

 

 

耳瘻孔 じろうこう )

 

 

だった模様です。

 

 

生まれた時は穴から血が出ていて、(帝王切開だったので) 針の傷でも付いたのかなと思っていたのですが、

 

 

半年経った今、そこから膿が出てきました。

 

 

痒いからか(?)引っ掻いた跡がありました。それでかさぶたが取れて膿が出てきたのですが、炎症でも起きているのでしょうか。

 

 

(産んだ時に助産師さんは「大丈夫だよー」としか言わなかったので、ただの傷か何かの検査をした跡なのかと思っていました。生まれたてでも耳瘻孔から血って出るのですかね?かさぶたが取れて出血、が生まれてすぐに2回くらいあったので私の血ではなくて次女の血のはずです。その事も傷だと思い込んだ理由の一つです。)

 

 

思い返すとこの孔があった人って沢山います。珍しい疾患ではないものの、悪化すると顔まで腫れてしまう方がいるそうです。激痛で寝たきりになる方もいるとか。

 

 

夫も穴は無いものの耳が何箇所か腫れるポイントがあるそうです。耳瘻孔は遺伝するらしいですし次女は夫に似たのですね。

 

 

膿を綺麗にした後の写真

f:id:patamo:20170814123302j:image

(無駄に耳紋対策)

 

穴の周りが少し赤く腫れています。

 

 

アルコール綿で拭きたくなってしまいまして、それを買いにドラッグストアに出向きました。

 

 

薬剤師さんにアルコール綿らしき商品(仏語で読めない)を見せてこれはアルコールなのかと赤ちゃんに使っていいのかを聞くと、

 

 

部位によるけどどこ?どんな傷?

 

…と聞かれ、何と答えて良いか分からなかったので耳瘻孔の検索結果を見せました

 

 

(赤くなっているというのも伝えました。)

 

 

すると私のスマホを預かって見てくれ、何やら調べてくれたようで、結局は

 

 

アルコール綿は使わないでクリニックに行ってね

 

 

と言われました。

 

 

子供病院に行くべきか聞くと、近所のクリニックで大丈夫との事でした。(や、聞き違いかな?ほんとかな?自信ないです)

 

 

という事で様子見です。腫れがひかないようでしたら病院に行きます。

 

 

(酷くなければピアスの穴みたいな物でしょうか?ピアスの穴は空けていないので分かりませんけれども。)

 

 

赤ちゃんのうちに手術となると全身麻酔になるそうです。それは少し抵抗ありますね。命に関わる疾患では無いようですし。

 

 

大きくなれば手術はササっとできるようですし、それまで酷くならないと良いのですが。そして出来ればカナダにいる間は何ともありませんように。

 

祈るばかりです。