ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。2017年~2019年の春まで滞在。Instagram→@shima_montreal

【感謝】カナダで赤の他人からお金をもらった話

 

少し前の話ですがカナダに住んで1年ちょっとの時に見知らぬ人がお金をくれたので記しておきます。

 

 

お金をもらった話は記事にするつもりは無かったのですが、こちらの記事を読んで書く気になりました。

↓↓↓

↑↑↑

私だったら見知らぬ男性に200円もあげられないだろうなと思いますが、カナダでのいくつかの経験を通して心境の変化がありました。(でもやっぱり200円は無理)

 

 

リンクとは全く関係ないのですが、"お金をもらった体験" の話をします。

 

 

 

 

ご飯を食べていたらおばあさんがお金をくれた

カナダに来て1年くらい経った時に子連れの日本人の友達ができて、一緒に子連れでフードコートに行ったのですよ。

 

友人が注文しに行っているのを席で待つ間に

、隣の席のおばあさんがうちの子たちに「ビューティフル!」と色々と沢山話しかけてくれていました。

(カナダでは赤ちゃんを「ビューティフル!」と褒める事が多いようです)

 

子供達は英語もフランス語も分からないのですがニコニコと愛想よくしていました。話しかけてもらえてありがたいな〜と思いながら、「日本から来て来年帰る」なんて他愛もない話をしてしばらくおばあさんとの交流を楽しみました。

 

 

友人が戻ってきたのでご飯を食べていたところ、帰り際のおばあさんが再び話しかけてきてくれました。

 

おばあさんの手には 5$札が握られていて、「子供たちにお金を遣って」、と言いながらお金をくれようとしています

 

日本円にしたら400円ちょっとです。

 

さすがに申し訳ないので3回くらい丁重に断ったのですが、おばあさんも一歩も引かないのでありがたく受け取りました。

 

更に、おばあさんは友人を見て「あちらの方は姉妹? え、友達?」と言って、友人にも5$札を渡してくれました。

 

 

 

 

見知らぬ外国人に10$もあげられますか?

子供とはいえ見知らぬ外国人に千円近くもあげるなんて私はできないので、この体験は本当に衝撃を受けました。感謝でいっぱいなのと同時に、本当に申し訳なくなってしまいました。祖母からお小遣いをもらった時の感情に似ていますが今回は本当に赤の他人です。

 

カナダは移民国家です。つまりカナダに住むほとんどの人は家系で言えば外国人です。自分もルーツは外国だし周りも外国人だらけだし、という事で外国人に対して抵抗が無いのかなと思いました。

 

さすがにお金をもらったのは初めてでした。日本で子育てしたのは約2年なので浅い経験ですが、日本でも赤の他人からはお金をもらったことは無かったです。(お菓子ならたまにくれる人はいましたが)

 

見知らぬお年寄りが子供にお小遣いをくれたという話は日本でもたまにありますよね。

 

 

 

 

カナダでもお菓子はよくもらう

昨年のクリスマスイブに2$のチョコレートを道行くおじさんにもらったりもしましたが、

 

↓↓↓

patamo.hatenablog.com

 

 

 

この前は改札のすれ違いざまに棒付き飴をもらいました。

 

f:id:patamo:20181114061604j:image

 

もちろん子供達に対しての飴です。

 

 

 

これも結構衝撃を受けた出来事で、この何秒かで飴を出してくれたことに驚きました。

「え?くれるの?飴?いいの?」みたいな感じです。

 

3歳の長女も驚いたようで、「おじさん、何でアメくれたのかなぁ?」と言っていました。

 

 

 

 

自分も子供の頃に貰ってた

書いていて思い出したのですが、子供の頃に「ちいちゃらおじさん」の犬の散歩によくくっついていっていたのですが、ある日に散歩の途中でお菓子を買ってもらえました。

(1人でくっついていくわけではなくて友達と一緒です。「ちいちゃらおじさん」のアダ名も友達から教えてもらいました。)

さすがにお菓子は申し訳ないので遠慮していたのですが、結局受け取りました。

 

その辺の小学生が4〜6人おじさんの散歩にくっついていく、公園で焼き芋をしているちいちゃらおじさんを見つけて子供がわらわら集まってくる、そんな地域でした。

(ちいちゃらおじさんの身元は親も知っていたので不審者というわけではありませんでした)

 

みんなお菓子目当てでおじさんと一緒にいた訳ではなくて、おじさんの人が良かったから子供が集まってきていたのだと思います。(中にはお菓子目当ての子もいたかもしれませんが)

 

あとは知り合いになりますが、近所の人にバス代をいただいたり…これは大人になってからの話ですが別の近所の方に高額の結婚祝い金をいただいたり…書ききれません。

 

 

 

 

 

カナダでは割とよくある「他人にお金をあげる」行為

ダウンタウン付近に行くと「小銭ちょうだい」とか「お腹が空いてるからなんかくれ」とか、外を歩くたびに2〜6人から声をかけられるのも少し慣れてきました。

 

私はまだあげたことは無いのですが、道行く人を見ているとお金をあげている人が結構いて、若い女の子も立ち止まって財布から小銭を出してあげている場面もよく見ます。

 

勿論断る人もたくさんいて、無視する人や丁寧に断る人と様々です。全体的にみなさん丁寧に断っています。

 

スーパーのレジのようなチップをあげない場面でチップをあげる人もいて、初めて見た時には軽く衝撃を受けました。こんなに簡単に他人にお金をあげるんだ〜、と。チップなのでサービスに対しての対価だとは思いますがまだ真似できません。

 

 

先述のおばあさんが子供達に5$をくれたのも、他人にお金をあげ慣れているからというのもあるかもしれませんね。

 

 

本当にありがたい体験でしたので将来子供達にはこのエピソードは何度も話したいと思います。