ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。always時差ボケ。2017年~2019年の春まで

【誕生日】カナダでのパーティ装飾とケーキ

 

カナダに引っ越して満1年となり、家族全員が誕生日を迎えました。それぞれの誕生日を書きます。

 

 

 

飾りつけグッズは1$ショップで調達

部屋を飾る品は1$ショップのダララマで用意しました。

f:id:patamo:20180529145342j:image

HARRY BIRTHDAYと書かれた飾りや風船、お花などの装飾グッズが豊富です。

 

 

紙袋やプラスチック(?)袋も豊富なのでプレゼントを入れるアナ雪の袋を買いました。プラ袋は確か1$です。

f:id:patamo:20180529145406j:image

 

 

風船もすごく安くて、浮いている大きな方も小さいのも全部2$です。これは日本に比べたらとてもお得ですね。

f:id:patamo:20180529145428j:image

大きいアナ雪の風船を買おうとしたら長女に「ちっちゃいの!」と怒られました。大きい方は浮かんで漂うのが怖いようです。

 

 

【触れ合いエピソード】

長女が小さいアナ雪の風船を持って店内を歩いていたら警備員の40代風の女性に声をかけられました。何才?と聞かれたので今日が誕生日で3歳だと答えるとフランス語で色々長女に話しかけてくれました。(おめでとうしか分からずあとは分かりませんでした。)

 

 

こんな感じで装飾しました↓全部1$程度です。

f:id:patamo:20180529155519j:image

名前と年齢を付けて完成です。これを背景にして記念撮影をしました。

 

 

 

長女3歳の誕生日

3歳の誕生日にはパン屋でケーキを買って来ました。チョコレートケーキで日本には無いようなケーキでした。生チョコとチョコムースの層があり、なんとも説明できないのですがとにかく美味しかったです。ハートの飾りが付いておりどうやら母の日ケーキらしく、夫が30$くらいしたと言っていました。やはりケーキはスーパーでなくパン屋ですね。

(→ラ・シテの近くのスーパーメトロの外の反対側くらいにあるパン屋らしいのですがグーグルで出てきません。詳しく聞いたら追記します)

 

チョコの系統はこういう感じです↓

 

 

 

夫がサラダを2種類作ってくれたのですがそれが美味しかったです。スーパーで恒例のフルーツ盛り合わせも買って来てくれました。長女と次女はパンとフルーツしか食べませんでした。

f:id:patamo:20180529155037j:image

 

長女が自分でハッピーバースデー♪と歌っていました。ロウソク消しをやり忘れました。

 

 

 

次女1歳の誕生日

日中はドレスを着せて写真を撮りまくりました。夜の誕生日会ではフルーツ盛り合わせとチキンを買いました。

f:id:patamo:20180529155246j:image

ケーキとしてミルクレープを作りました。長女が食べると思って作ったのですが食べませんでした。次女にはヨーグルトでミルクレープを作りました。やはり食べませんでした。

 

 

 

夫の誕生日

気の毒な事にスーパー(プロビゴ)の売れ残りケーキです。ちゃんとした店で買おうとしたら時間が足りなくなり行けませんでした。スーパーはやめようよと言ったのですがどうしてもその日にケーキが食べたかったようです。ちなみにクリームだと思ったら砂糖のかたまりでスポンジも砂糖過ぎてボソボソして不味かったです。(折角の誕生日ですから私は不味いとは言いませんでしたけども)  夫は大好物のようでした。

 

こういう感じのやつです↓

f:id:patamo:20180529160902j:image

 

ちなみに私は夫の誕生日は忘れていました。(その2日前までは覚えていました) 珍しく本人が日付が変わったのとほぼ同時に「知ってる?今日誕生日だよ!」自己申告してくれて気づきました。直前まで覚えていたのに当日に何で忘れたのかは謎です。

 

誕生日プレゼントとしてその1ヶ月前にゲームの購入(ぷよぷよ)を許可しました。(誕生日じゃなくても許可しましたけども。)

 

 

 

 

自分の誕生日

なんと夫も私の誕生日を忘れていました。(いえ不思議でもなんでも無いですし別にいいのですが。10年くらいの付き合いでお互いの誕生日を忘れ合ったのはこれが初めてだと思います。似た者夫婦です)

 

誕生日の翌日に姑さんからのグループメッセージが届いて初めて気付いたようです。夫に「誕生日らしいよ!」って言われました。既に誕生日が終わって1〜2時間経過した深夜でした。

 

夫が誕生日だと信じているその日は誕生日では無いのですが、もう脱力感でいっぱいですし寝ていたので「ありがとう」だけ言って寝ました。おめでとうとも言われてませんけどもこれで会話が成り立っています(多分) 

 

私自身はみんなから祝福メールをもらっていたので満足です。誕生日当日は自分だけが誕生日である事を知っている状態でした。そこでチョコレート専門店"ジュリエット"に行きたいと言ってみたらOKがでました。夫は特に誕生日だから許可した訳では無いのですが(なんせ忘れていましたし)チョコが美味しかったのでOKです。

f:id:patamo:20180529160216j:image

↑心の中で「自分おめでとう。みんなありがとう」と思いながら食べました。前回食べたミルセーキより甘く感じずに食べられました。

 

 

翌朝、夫に「ケーキ買わなきゃ!」って言われたので、昨日チョコレート専門店に行ったじゃん、と力なく答えると「あんなのただの食後のデザートだ」と言われました。まあ夫的には今日(その日)が誕生日ですし。

 

なのでまたもやジュリエットに行きアイスを買いました。これで税込7$〜8$くらいです。

f:id:patamo:20180529160329j:image

パルムのチョコを厚くした感じで美味しいです。2個で7$のキャンペーンをしていたりするので今度その時に食べたいです。

 

 

 

 

前夜祭と後夜祭の無い誕生日を過ごす

私の実家は誕生日は前夜祭と後夜祭があるのですね。余裕があれば1週間・1ヶ月かけて祝うのが常です

  • 今月は○○の誕生日でーす!おめでとー!
  • 来週は○○の誕生日…おめでとー!
  • あさっては…おめでとー!
  • 昨日は誕生日でしたー!おめでとー!

みたいな感じです。本気でパーティをする訳では無いのですが外食が多くなりがちです。

 

 

カナダに来ても「長女ちゃん、来月/来週/明日誕生日だね〜おめでとう!」などと実家の人々からメールが来ます。当日も改めて祝福メッセージが届きます。夫にこの事を伝えると「何だ"明日"誕生日だねって。明日なのに」と温度差に本気で困惑していました。

 

 

我が家は今は当日のみ祝う感じとなっていますが、子供達が大きくなったらお友達を呼んでデザート大会をしたり、家族で前夜祭もやりたいなあと思っています(笑)

 

 

余談ですが、フィリピン人の女の子が「誕生日は周りにありがとうを表現する日」って言っていました。パーティなんかをして感謝をするそうです。私も自分が主役(?)というのが苦手なので小さい頃からフィリピン寄りの考えです。

 

 

何でも美味しくて写真映えするジュリエットのレビューはこちら↓

日本にもできないかなあ…