ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダのモントリオールに住む28歳の日記。0歳・2歳・夫の家族4人。2017年~2019年の春まで

【感想】カナダでゴミの戸別収集を体験して〜日本でも広まるかな?

 

基本的に日本は素晴らしい国なのですが、素晴らし過ぎて苦手な面があります。

 

それは、ゴミ出しに関してです。

 

日本では集積所回収でゴミ出しルールが厳し過ぎて本当につらかったのですが、日本でも戸別収集を行う自治体が出てきたとの事で記しておきます。

 

 

 

 

集積所で生まれるコミュニケーションが苦手

集積所は公共の場なので人間関係が生まれますよね。何が悪い訳でもないのですがそれが凄く苦手なのです。

 

良いことかもしれませんが日本の場合は規則が細かく厳格ですよね。するとそこでルールを守れない人と守らせようとする人で摩擦が起きます。

 

ちなみに日本で体験したルールは地域によって異なるのですが、大体こんな感じでした。

 

  • 前日の深夜に出すのはもってのほかで、仕事で早朝に出せない人は次回の収集日を待たねばならない
  • 町内会などの自治会に入らないとゴミを出させて貰えない
  • 自治体によっては分別が細か過ぎる
  • 指定の専用ゴミ袋で出さないといけない所がある

 

ゴミ出しルールの把握も大変ですが、それ以上に人間関係が面倒臭いのです。

 

特に集積所の掃除などをするゴミ当番が面倒臭く、例えば都合が悪くて誰かに当番を代わってもらう時はすごく面倒臭いです。

色んな人と共用するので相性が悪かったりするとこじれるのも面倒臭いポイントです。

  

誰が悪いわけでも無いのですが、私はゴミ出しで他人と関わるのはストレスを感じるので、日本で戸別収集が始まっていると聞いて嬉しいです。どんどん広まって欲しいです。

 

 

 

カナダの戸別収集は個人管理だから楽

カナダでは自分の家の前に出すだけなのでゴミの管理は自分です。他人と関わる事はありません。荒らすカラスは日本ほどいないしで快適です。その代わりにリスとホームレスが荒らしますがね。

f:id:patamo:20180213020607j:image

↑うちのアパートの住人のゴミです。段ボールもそのまま置いておけば持って行ってくれます。

 

分別は生ゴミと資源ゴミと燃やすゴミで、資源ゴミはビン・缶・紙・ペットボトルを混ぜてゴミに出せます。

最初は抵抗がありましたが慣れた今はとても楽です。

 

 

 

ちょっとイラっとする事も

 カナダのゴミ出しは日本と比べて緩いのでだいぶ楽なのですが、イラっとする事もあります。

 

 

  • この前は出したゴミが車道に6〜7mも移動していました。

f:id:patamo:20180213020410j:image

なぜに…奥の水色の袋も誰かの家のゴミです。何かの弾みで移動したようです。除雪車が跳ね除けたとか?このあと家の前に戻しましたよ。

 

  • あとはホームレスや夏にリスに荒らされるのが嫌ですね。荒らされたら困るので回収ギリギリに出します。

 

  • 冬はゴミが凍るので臭いは気になりません。夏は臭くて荒らされたりして破れた袋の隙間からハエが大量発生するのが困ります。

 

  • ごく稀に回収忘れがあります。予告なしにうちの通りだけ回収されていないのです。でもこれは本当に稀です。 

 

 

ニュース:日本でも戸別収集が広まる 

https://mainichi.jp/articles/20180203/k00/00e/040/216000c?fm=line

 ニュースより引用

概要

家庭ごみの集積所を設けて一括して収集するのをやめ、各家庭の前にごみを出してもらう「戸別収集」を導入する自治体が都市部で増えている。

カナダの私の地区では戸別収集ではゴミ出しの日の前日夜7時〜朝7時まで家の前の道路に置く決まりです。

 

 

詳細引用

元々は、ごみを出した家庭が分かるようにすることで、マナーを改善しようと始まったが、ごみの量が減るという思わぬ効果もあり、自治体側は「住民の意識向上につながっている」と分析する。

 カナダでは運悪くルール違反が見つかりゴミの内容から捨てた人がバレたら罰金請求も来るようです。ゴミを荒らされたりして濡れ衣を被ったら最悪ですので個人が分かるものはシュレッダー必須ですね。

 

 人口の多い都市部では、ごみ回収の効率を重視し、町内会など一定の区域ごとに自治体が指定した集積所にごみを出すのが一般的だ。これに対し、戸別収集は自宅の玄関先や集合住宅の前にごみを出し、清掃職員が一軒ずつ収集する。

日本にある町内会が苦手です。カナダでは今の所無いのですがあるのでしょうか?少なくとも日本のように"町内会に入っていないからゴミが出せない"なんて事は起こらないです。

 

 東京都品川区は2005年7月、東京23区で初めて区内全域で戸別収集を導入した。それまでは集積所での収集を続けてきたが、指定した日時以外にごみを出す住民がいたり、ごみ袋をしっかり閉じずに捨てるなどマナー違反が絶えなかった。カラスがごみを食べ散らかし、区には周辺住民からの苦情が多く寄せられていたという。

日本では仕事上、朝にゴミを出せない人もいるのではないでしょうか。そういう人でもゴミが出せる街であって欲しいです。

 

カラスは本当に嫌ですね。やつらは賢過ぎるんです。過去に夫へのプレゼントにカラスの教科書を買いました。カラスを観察し過ぎている著者が面白いのでおすすめです。

 ↓

 

カラスの教科書

カラスの教科書

 

Kindle版 

カラスの教科書

 

 ニュースに戻ります

 

 戸別収集にした後はマナー違反は減り、「以前は集積所をごみ捨て場だと勘違いしているような人もいたが、今はしっかり分別もされている」(清掃職員)。「朝早く出すのは面倒」との声もあるが、住民側からもおおむね好評だ。

日本でお昼過ぎに回収に来るような地域に住んだ時には、のんびりゴミが出せたので楽でした。そこは本当に良かったです。

 

 品川区内のごみの量は、人口が増えたにもかかわらず、05年度比で約2割減となる計約7万2000トン(16年度)と、ごみの減量効果も出ている。各家庭を回る必要があるため収集の手間は増すが、東京23区では台東区も16年から全域で戸別収集を導入し、ごみが減っているという。神奈川県や大阪府などの都市部でも戸別収集を採用する自治体が増えている。

我が家の場合は戸別収集によりゴミが減ったという実感はありません。

 

 品川区清掃事務所の担当者は「自分が出したごみに責任を持つと同時に、ごみを減らす意識も住民の間で広がっている。収集直前にごみを出すことで街の景観もよくなった」と話す。

 自分の家の前は自分で管理するならば誰からも文句は言われませんし良いですね。数百メートル離れた集積所に自分のゴミが回収されているかわざわざ確認に行かなくて済みます。

 

 

モントリオールの住宅街は日本でいう碁盤の目状の区画の都市でして、家の前の通りは大抵直線道路なのです。そのため日本と違って戸別収集し易いと思います。土地勘が無くても回収作業は出来ると思います。

 

しかし日本は奥まった路地に家があったりするので回収が大変そうですね。

 

戸別収集は広まるでしょうか?

 

 

繰り返しになりますが、何が正解であるとかそういう話ではなくて私は戸別収集が好きである、という話でした。