ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。always時差ボケ。2017年~2019年の春まで

【悲しみ】せっかちさんなカナダのレジ店員

 

たまには悲しい思いをしたエピソードを書きますね。

 

(上手く描写を説明出来ないのですが、兎に角自分が悪い話です)

 

 

先日ドラッグストアのレジで商品を袋に詰めてもらい受け取ろうとした所、近くにあった紙の束がマジシャンもびっくりな状態で保たれていました。

 

こんな感じです

f:id:patamo:20170930164839j:image

  

"何でこんなギリギリの状態なんだ"

 "絶対落ちるでしょこれ"

と思っていましたが案の定触れていないのに落ちました。

 

(前の自分ならササっと位置を直して悲劇を回避出来たのですが、運悪く今は産後のボーッとする時期です。見ているだけで落ちていきました)

 

 

"落ちたのは私のせい?まあ私が動いたから落ちたのかもしれないし(触ってないけど)

 

動くものに物は引かれるって言うし(触ってないけど)"

 

 

と思いつつ取り敢えず謝って店員さんと拾いました。

 

100枚以上ですかね、かなり大量でした。

 

 

店員さんは「大丈夫だよ」とは言ってくれたものの溜息ばかり

 

 

全面的に私のせいになっちゃいましたよ…

 

 

と思いつつ拾い終えて支払いへ

 

 

3560円(仮です。正確な数字は忘れました。)だったのですが、

 

二千円札を出して他のお金を出そうとしていると店員さんがモニターの支払い合計部分を溜息混じりに指して何かを訴えてきます。

 

(私は財布を持っておらず、ポーチに小銭とお札を入れています。取りにくい事この上なく、見つけたお金から出すというご老人にありがちな出し方をしています)

 

お金を出すのを中断して耳を傾けても何を言っているか分かりません。(英語なのに)

 

辛うじて

「現金?カード?」は聞き取れましたので現金ですと答えると困った様に溜息混じりに何かを言っています。

 

分からないでいると次のお客さんが「英語分かる?え?ちょっとしか分からない?合計は3560円だって言ってるけど…」と話しかけてくれました。

 

なるほど、店員さんは

「金が足りない」と言っていたのですね。

 

「アー、OK」と言って2枚目の二千円札を出しました…

 

店員さんの

「何だお金持ってんじゃん」

という反応が忘れられません。

 

 

"アナタが話しかけてくれちゃうからお金を出すのを中断しちゃったんだからもー!

今出すってばもー!せっかちなんだからもー!"

 

 

と思いましたが勿論口には出さず…

 

 

何だか悲しくなりました。

 

 

(五千円札も持っていたので五千円札のが相応しいか確認すると五千円札の方が良いということで、二千円札2枚ではなくて五千円札を出しました。)

 

(この辺の選択はちょっと意味がわからないのですがまぁいいです。お釣りが少なくなるとかいう話ですかね)

 

 

 

今回のこれ…私が悪いんだろうか…

 

 

という悲しい気持ちに包まれて帰宅しました。

 

 

私もレジ店員をした事があるので、次のお客さんが並んでいたら焦る気持ちも分かります。

 

 

私がボーッとしていてお札と小銭をすぐさま1回で出せなかったのが悪いですし、紙を落とした時にも自分のせいじゃないよアピールができれば良かったのですのかね。

 

(でも仮に日本だったとして、紙が落ちたのは自分のせいじゃないよアピールが出来たかと聞かれれば多分出来ないでしょう。お店の置き方が悪いなんて言えませんよ…)

 

 

夫にこの手の悲しい話は滅多にしないのですが、翌日に珍しく話してみると

 

「ドラッグストアに行ってきて」と。

 

ハアー?私の話聞いてたー?!と言うと、

 

「違うよリトライしてきたら(笑顔) ついでにコーラね(笑顔)」と返ってきました。

 

コーラを買いに行かせたいだけのようでした。

 

 

取り敢えず早く財布を買おうと思います。

 

 

 

 

 

悲しみといえば、もう一つあります。

 

英語とフランス語が混じる店員さんの店でものを買う時の事です。

 

350円の支払いに2000円札しか無く、2000円札を出すと「ちがう」と言われ、

 

聞き取りに不安があったので「350円ですよね」と電卓に350と入力して見せると「そうだ」と言われ、

 

2000円札を出すと「違うよ」とまた言われ…

 

お釣りが無いのかな、ピッタリ出すのがマナーなのかなと思い、どうするべきか聞くと店員さんも困っていまして…

 

「別の店でくずしてくる…」と言いかけたら「2000円札でいいよ」と笑顔でお釣りを出してくれました。

 

なんか急に態度が変わったな、と思ったら次のお客さんが並んでいました。

 

"ええーお客さんがいるから急に笑顔になったわけー"

 

と思ってしまいました。

 

そしてちらっと見えたのですがお釣りストックが沢山有りました。

 

お釣りあるじゃないですかー!

 

と思いながら帰りました。

 

これは、自分のコミュニケーション能力の低さに呆れてしまって悲しくなった話でした。

 

(ポジティブに捉えるなら、店員さんの表情が強張って見えたのは店員さんも英語が苦手でそれで困っていたのかもしれません。子供達には手を振ってくれましたし。お金の勉強という事で2千円札じゃないよと言ってくれていた気もします)

 

350円に2000円札を出す自分に非がありますね。 (普通は500円札を出します)

 

 

 

 

仏語しか話せない店員さんはダウンタウン辺りでもたまにいらっしゃいますし、英語を話すのが大変そうな人もいます。

私のように英語も仏語もマトモに話せないとなると当たり前ですが面倒臭そうにされる事があります。早く話せるようにならないとお互いストレスです。

 

 

 

 

 

日記

今日は23時頃に花火がドカドカ上がっていました。

 

日中は14度と寒く、15:30頃に公園に遊びに行ったのですが手袋が欲しかったです。落ち葉もかなりありました。

 

おんぶしてベビーカーを押してスーパーで買い物をしていると、おじさんが私の出で立ちに驚いて子供達に笑いかけてくれました。

 

 

寝室は暖房のスイッチを入れました。 

 

 

 

次はのんびりなレジ店員の事も書こうと思います。