ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと2年間過ごす日記

カナダのモントリオールに0歳・2歳・夫と家族4人で住む事になりました。2019年の春までお付き合いください。日本にいる家族を心配させない為のブログ(ひきこもり主婦のカナダ日記)

日本人がチラホラいる/安心構造の公園

モントリオールに先に1ヶ月住んでいた夫が全く見かけなかった日本人をここ3〜4日で2回も目撃しました。

1回は観光地にて二人組の女性、もう1回は今日子どもを遊ばせていた公園に来た2組の親子がそうでした。

公園でハーフの子が「おかーさーん!!!」って呼んでて、親同士が何やら話をしていたのですが、日本語っぽかったです。

私もこちらで生の日本人は初めて見ました。

また居たら勇気を出して話しかけてみようと思います。

 

で、公園なのですが、

大きい子用の遊具と

f:id:patamo:20170601044153j:image

小さい子用の遊具

f:id:patamo:20170601044238j:image

分かれています。小さい子用の場所は柵で囲まれており、どこかへ勝手に行きにくいようになっていて安心です。また、犬に襲われる・逆に犬を襲う(追いかけ回す)心配もぐっと減ります。これはかなり良いですね!

ベンチとテーブルがいくつかあるのでピクニックもできますね。

 

公園では幼稚園か何かのグループが遊んでいました。体の大きい子が1.5mくらいの高さから男の先生の元へジャンプしてキャッチしてもらっていました。先生もジャンプの仕方を指導している模様。びっくりしました。でも思い返すとそういう身体能力がバカ高い子、いましたよね。いつの時代もどこにでもいるんだなー、という感想でした。ちなみに幼稚園ぽいグループは子供は英語話者で先生はフランス語でした。

 

こちらみんなが山と言い張る丘の近くにあった像です。今度山にも行ってみたいと思います。

f:id:patamo:20170601045723j:image

 

ジャンヌ・マンス公園

f:id:patamo:20170601074703j:image