ひきこもり主婦がカナダに住んだ話

モントリオールで赤ちゃんと暮らす

カナダに住む平成元年生まれの日記。always時差ボケ。2017年~2019年の春まで滞在。お問い合わせはコメント欄かInstagramメッセージにて

【驚】お釣りが来ない!?カナダのお金の話

カナダのおつりの仕組みを書きたいと思います。そこまで衝撃でも無いのですが、衝撃カテゴリにしました。

 

今晩も1人でドラッグストアへ行ってまいりました。昨日は5千円札的なお札で買ったのですが、今日は昨日のおつり(お札と硬貨バラバラ)で払ってみようという目標です。

 

日用品を買ったところ合計22.18ドルでした。

 

日本なら合計2218円の支払いに2220円出せば2円のお釣りがもらえますよね。それがカナダでは違います。

今回は22.20ドル出して2セントおつりがくるところ、

なんとお釣りが0円になっちゃいました!

聞いてはいましたが実際体験すると

2円没収された気分です。

 

(電車を降りて切符が改札に吸い込まれていって出てこない時のような気持ちになりました。あ、そうだ、出てこないんだった、みたいな。)

 

どういう事かと言いますと…

単純にカナダには日本でいう1円硬貨が無いので2円お釣りを返したくても返せない、という事なのです。最小額の硬貨は5セントのようです。現金払いでは切り上げ切り下げをしてお釣りを返却します。

 

今回は2円没収された気分になりましたが、

この仕組みを利用したら逆に1円2円得した気分になれる事ができますね。

 

例えば2222円の支払いならば2220円出せば良いらしいのです。まだ慣れない私は2円出さない事に罪悪感が出ちゃいます。

 

クレジットカードなら値段通りに引かれますので気になるのならカード払いが良さそうです。

 

私はまだ硬貨での支払いに慣れていませんが、店員さんと「これのコインは違うあれは違う」のやり取りを楽しみたいので、しばらくは現金で支払いたいと思います。(というのは建前で、クレカ払いの機械操作にまだ不安があるためです)

 

日本では"あちらの店が5円も安い!"とか考えながら買い物をしていたのですが、この切り上げ切り捨ての仕組みのお陰でどうでもよくなりました。心に余裕ができた気分です。

 

ちなみに、コインがみんな似たような見た目で分かりにくいので、スムーズに支払いができるようになるのにはまだまだ時間がかかりそうです。(夫は1ヶ月かかりました)

 

今コインが手元に無いのでコインの紹介は種類が揃ってからにします。

 

カナダの店員さんも優しいです。早く色々と覚えたいです。

 f:id:patamo:20170530120734j:image

近所の猫